アマローネで有名なチェザーリ家の入門編ワイン。
そういえばアマローネが福袋で当たっていました。


チェザーリ家の紋章にはワインづくりに賭ける思いが描かれており、騎士はチェザーリ家の人々、鷲は繁栄の守り神、碇は恒久性の象徴。
土壌の繁栄と収穫を待つ忍耐強さが、良いぶどうとワインを生み出すための鍵であることを示しています。

このワインはサントリーで購入できます。

サントリー

ワインデータ

ワイン名:Jùsto Appassimento
生産地:Italy > Veneto
生産者:Gerardo Cesari Spa (ジェラルド・チェザーリ)
品種:Corvina Veronese (コルヴィーナ・ヴェロネーゼ), Merlot (メルロ)
スタイル:Red wine

ワイナリー

1936年に設立されたジェラルド・チェザーリは、すぐにヴェローナ地域のワインの代名詞となりました。

創業者ジェラルドの息子、フランコ・チェザーリの熱意と指導力のおかげで、70年代初頭チェザーリ・アマローネは5大陸すべてに到達した最初の企業の1つでした。
イタリアと世界の赤ワイン、そして世界中でチェザーリ・ワインのサクセスストーリーが始まりました。

今日ではジェラルド・チェザーリはさらに独自の目標を掲げています。
独特で上品、上質、バランスの取れたワインを生産し、伝統を活かしながら最新の知識を駆使して環境に優しい栽培技術を使用し、認証取得やワイン製造プロセス等その土地とその起源に信頼を保ち絶えず進化する会社。

最近建てられたカヴァイオーン・ヴェロネーゼ(人口4,165人のイタリア共和国ヴェネト州ヴェローナ県の地域)のセラーは、私たちのワインが必要とする特別な注意を念頭に置いて計画され建築されました。
そのため、ワインの「休息」期間を重視しています。
このフェーズはワインの成長と個性のために不可欠であると考えています。
地下にある広い精製室は、湿度と温度を自然に一定に保つ事ができます。
醸造所でのワインの精製や樽熟成に加えて、このセラーでは瓶詰めやその後の長い休息時間も行われます。

サンフロリアーノのセラーでは、4〜5か月間の乾燥プロセス全体、ならびに圧搾、発酵および最初のワインの精製が行われます。
地下室に入ると、ブドウは慎重にチェックされ、その後乾燥プロセスが始まります。
洗練された装置により、地下室の湿度と換気を注意深くコントロールすることができます。

このワインは

手摘みで収穫したぶどうを乾燥させる期間は2週間~1ヶ月ほどと比較的短い。
4ヶ月ほどの「乾燥工程(アパッシメント)」のアマローネと比較すると、ライトでスムースに感じる味わい。
スムースな中にパワーもあり、しっかりとしたニュアンスも持つため、幅広い用途で使え、何杯も楽しめるワイン。
乾燥後、ステンレスタンクにて発酵。陰干しワイン特有のジューシーさや、凝縮感を保ちながら、決して重くなりすぎない味わいが特長。

テイスティング

レーズンやプラムなどの黒果実の凝縮した香り。
タンニン、酸は穏やかでふっくらと口当たりがとてもよい。

飲んだ日:2018-12-28
飲んだ場所:グリーンテーブル
価格:2,000円
インポーター:サントリーワインインターナショナル株式会社