2012年が最終ヴィンテージとなったシャトー・プロヴィダンス

「プロヴィダンス=神の摂理」という中二病っぽい名前が男心をくすぐります。
ニュージーランドにも同名のワイナリーがありますが、あちらは「シャトー」が付いていない「プロヴィダンス」です。

 

ワイン名:Providence Pomerol
生産地:France > Bordeaux > Pomerol
生産者:Ch. Providence (J. P. Moueix) (シャトー・プロヴィデンス(J.P.ムエックス))
品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Merlot (メルロ)
スタイル:Red wine

ワイナリー
プロヴィダンスはポムロール中心部の高原に位置しています。
ワイナリーはポムロールで長い歴史を持ち、少なくとも1800年代後半の記録を持っています。
ある時点で、ワインはシャトー・トロショという名前で販売されました。
ラ・プロヴィダンスという名のワインについては、1928年にデュビュイ家が買収した1929年にさかのぼります。

しかし、現在のこのシャトーのワインはプロヴィダンスがデュビュイ家からジャン・ピエール・ムエックス社によって購入されたときに始まります。
クリスチャン・ムエックスは2002年にシャトー・ラ・プロヴィダンスで彼の最初の株式を購入したときから、デュビュイ家と仕事を始めました。
当時、ワインはシャトー・ラ・プロヴィダンスの名前で呼ばれていました。

このワインは2005年のヴィンテージから大きく変わり、名前もそのヴィンテージから、「ラ」が取られ単にシャトー・プロヴィダンスとして知られるようになりました。
この年からエチケットはムエックス氏が会員である、フランスの国立学術団体のアカデミー・フランセーズのロゴを使用し始め、2006年にブドウ園の部分的な植え替えが行われました。

2012年のヴィンテージが最終的にヴィンテージになりました。
その日から、シャトー・ラ・フルール・ペトリュスには2013年のヴィンテージから始まるシャトー・プロヴィダンスのブドウが加えられました。
2012年以降、プロヴィダンスは消滅し、ワイナリーは現在ムエックス者が所有する別のポムロールのブドウ畑であるシャトー・オザンナのワインを生産するために使用されています。

プロヴィダンスのぶどう畑、テロワール、ブドウの概要
2.9ヘクタールのぶどう畑は、90%のメルローと10%のカベルネ・フランが植えられています。
テロワールは砂利土の粘土です。
平均してブドウの樹齢は約30年。
畑はシャトー・オザンナの近隣にあります。

収穫のために2つのレーザー選別台が2009年から使用されています。
ワイナリーは温度調節されたコンクリート製のタンクとステンレス製のタンクを使用し、ブリーディング(セニエとも呼ばれ赤ワインを醸す過程で、短い時間醸したあとで液体部分を一部抜き取る作業を指します。 主に、液体の中の果皮や果肉、趣旨の比率を高めることで、より凝縮感を出すために取られる醸造方法)がなく、タンク内にマロラティック(リンゴ酸(Malic acid)が、乳酸(Lactic acid)に変化する発酵(Fermentation)ということで、Malo-Lactic Fermentationと書き、略して「M.L.F」とか「マロ」と呼ばれ、酸を穏やかにし、雑菌の繁殖を防ぐ)を使用しています。

平均して約18ヶ月間、33%から50%の新しいフレンチオークのバレルでバレルで熟成しています。
1年に3〜4回静置され、2番目の冬に卵白清澄(卵白のアルブミンとタンニンを結合させ沈殿させる)されます。
生産は年間約1,200ケースのボルドーワインです。

 

プロヴィダンスはムエックス社が所有する数少ないワインの一つです。
セカンド・ワイン、レ・シュマン・ド・ラ・プロヴィダンスを持ちます。
生産量は低く、テロワールは良好で品質は高く、プロヴィダンスは高価なワインでした。
しかし、プロヴィダンスはもはやワインを生産しておらず最後のヴィンテージは2012年となりました

プロヴィダンスを飲む時期、予想される成熟度、デカンテーション。
若いときには1〜2時間のデカンテーションを受ける強力なワインです。
これによりワインは香りを和らげて開きます。

より古いヴィンテージは、澱を除去するのに十分なデカンテーションを必要とするかもしれません。
通常少なくとも6〜8年のボトル熟成が飲み頃です。
もちろん、ヴィンテージキャラクターによって若干異なる場合がありますが、ヴィンテージ後8-22年の間にピーク成熟に達するはずです。

テイスティング
やや退色したルビー色。
グラスに注いだ瞬間から香りが立ち上る。
ブラックチェリー、木苺の果実と森や土の様な香り。
鉄の様なミネラルを感じる香りも。
複雑な香りが飲む人を幸せにするワイン。

飲んだ日:2018-09-04
飲んだ場所:LOVAT (ロバット)
買った日:2014-04
買った場所:ワッシーズ
価格:16,000円
インポーター:ヴィノラム