色々な良い意味でシュナン・ブランとは思えないようなクロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン

試飲などで少しだけ飲むのではなく、時間をかけてしっかり飲むべきワイン。
シュナン・ブランというブドウ品種の奥深さを垣間見ることができると思います。

 

ワイン名:Clos de la Coulée de Serrant クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
生産地:France > Val de Loire > Anjou&Saumur > Savenniéres
生産者:Nicolas Joly (ニコラ・ジョリー)
品種:Chenin Blanc (シュナン・ブラン)
スタイル:White wine

ワイナリー
クーレ・ド・セランはシトー派修道僧たちによって12世紀(1130年)に植えられ、以来ずっとブドウが残っていました。
そして2008年は878回目のヴィンテージです。
建物の一部を形成する古い小さな修道院は、歴史的建造物に分類されています。

数百メートルにも及ぶ葡萄畑に隣接しているロシュ=オー=モワンヌの旧要塞の遺跡が見られ、ここではフィリップ・オーギュスの息子が1214年にリチャード・ザ・ライオンハートの息子であるジョン王に勝利した戦がありました。
※英仏戦争中の1214年7月2日、イングランド王国とフランス王国の間で戦われた戦闘。イングランド王ジョンは城の包囲を試みたが、アンジュー貴族に協力を拒否されたことで撤退した。
この戦いはブーヴィーヌの戦い(フランス王フィリップ2世が神聖ローマ皇帝オットー4世、フランドル伯フェラン、イングランドのソールズベリー伯ウィリアム(長剣伯)、ブローニュ伯ルノー等の連合軍をフランドルとフランスの境近くのブーヴィーヌで破った戦い。)と同じです。

要塞は300メートルの強化された路地に連なり、また”イギリス人の墓地”は、ブドウ園とそこから見えるロワールを展望できます。
ケルト人、ローマ人、カロリング朝などの時代である過去の痕跡が深く残っています。

この場所は長く有名であり、ルイ11世は頻繁に「金の雫」と話していました。
ルイ14世はここに訪問しようとし、馬車は泥で立ち往生してしまいました。
“国王はどんな気分だっただろうか”と噂になりました。
M. コンスタンチン・ヴェイエール(著作家)やアレクサンドル・デュマ(作家)もその話題に関して言及しています。
そして最近では、20世紀の初めに食文化の王でもあるキュルノンスキーが、フランスの5つの最高の白ワインのひとつと定義しました。

ドメーヌは1980年にバイオダイナミック農業を開始しました。
1984年以来ブドウ園全体はバイオダイナミックになっています。
合成化学製品、殺虫剤、全身性製品または硝酸塩はその特性上使用されていません。

少量の硫黄と “ボルドー液”(銅と石灰)が毎年ぶどう畑に散布されます(1ヘクタールにつきボルドー液約10キロ、銅の2.5キロに相当)。
硫黄はブドウの花に有益な効果があります。
銅の量は限られており、過剰な銅は土壌の寿命にとって有害です。

収穫期には、ブドウ摘みは数回にわたります。
収穫期間は、熟している房のみを選ぶ為に数ヶ月の期間に渡って伸びることがあります。

このワインは
7ヘクタールの「アペラシオン」だけである。
ロワールを支配する非常に険しい斜面に位置し、”シュナン”のブドウは平均樹齢が35〜40年以上あります。
最も古い樹は80年以上の歴史を持ち、新しい樹も元気に伸びています。
馬や手で部分的に栽培され、平均生産量は1ヘクタール当たり20/25ヘクトリットル(40までが許可されています)です。

斜面は南/南東向きです。
ブドウ収穫は、最も成熟度を得るために3〜4週間のうち5回行われます。
ワイン製造:500リットルの樽(新木を5%以上使わない)。
生産:約20/25,000ボトル/年

テイスティング
シュナン・ブランとは思えない。
24金を思わせる熟成した黄金色。
カリン、アンズ、熟れた洋梨の香り。
ゆっくりとハチミツの香りも昇って来ます。
上質なブランデーの様な味わいで、アタックは強い。
上品で厚みがある。

飲んだ日:2018-09-04
飲んだ場所:LOVAT (ロバット)
買った日:2017
買った場所:紀ノ国屋アントレ ルミネ品川店
価格:7,800円(特価品)
インポーター:ファインズ