恵比寿にあるイタリアンに行く前に寄ったカナダワイン専門店ヘヴンリー・バインズでオーナーのカナダ人の方がおススメしてくれたストラタス


オーナーさんは日本語もしゃべれるのですが、一緒に居た外人忍者は当然英語が喋れるのでどんどん会話が英語寄りに。
全くしゃべれない私は「オーイエーアハーン」しか言えず、BUMP OF CHICKEN状態
正に駅前留学。
しかし、こんな美味しいワインを置いてあるとは通ってしまいそうなお店です。

ワインデータ

ワイン名:White
生産地:Canada > Ontario > Niagara
生産者:Stratus (ストラタス)
品種:Chardonnay (シャルドネ), Sémillon (セミヨン), Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン), Gewürztraminer (ゲヴュルツトラミネル), Viognier (ヴィオニエ)
スタイル:White wine

ワイナリー

太陽。
区画。
土壌。
ブドウ。
傾向で収穫する人々。
ワインを作る場所。
簡単です。
ストラタスでは、これらの要素を時代にふさわしい複雑なワインに変身させます。
時間の表現、場所の表現、そして私たちのブドウ園の本質の表現は、並外れたものです。

歴史的な町、ナイアガラ・オンザレイクに位置するストラタス・ヴィンヤードは、そのLEED(米国グリーンビルディング協会(USGBC:US Green Building Council)が開発、および、運用を行っている建物と敷地利用についての環境性能評価システム)認定施設、持続可能性へのこだわり、優れた品質のワインを特徴とするワイナリーです。


ワイナリーは、彼らの代表的なアッサンブラージュ(フランスの主にシャンパーニュ地方で重要視されている製法で、複数の樽から異なるワインをブレンドして、一定以上の品質を保てるように調整する作業)・ワインのように、その構成部分は非常に大きい。
個々の要素はそれぞれ独特の特徴があります。
異常に豊かな土壌を含む多様に植えられたブドウ園です。
ワインメーカーの芸術に役立つ伝統と科学を結合する持続可能な施設。
また、シックで居心地の良い隣接する試飲室のあるギャラリーもあります。
一緒に働く彼らは本当に思い出に残るワインと経験を作り出します。

このワインは

ボトルの中で時間とともに増加する多層のブーケと余韻を持つ洗練された白ブドウの凝縮感。
グラスの中で魅力的な淡い金色を示している、この2013年のストラタス ホワイトは、熟した石果、パイナップル、蜜蝋、暖かい木のスパイス、ツゲの木とエキゾチックな香りのモクレンの花のブーケを持っています。
ワインはそれ自身明らかに強力な酸味を持ったクリーミーな質感であることを示しています。
香りを映すのもトロピカルフルーツと独特の厄介な性格の要素です。
豊かで寛大な、何年もの進化の先へ。

2013年は穏やかな冬から順調に始まり、芽の休憩は涼しい少し遅れた春になりました。
8月と9月の暖かさは、夏の暑さと乾きのゆっくりとした到着となりました。
10月の平均的な暖かい日中の気温は、涼しい夜と相まって、果物の酸味を保ちながら糖を増やすのに役立ちました。
夏と秋の湿度にもかかわらず、カビの心配はほとんどなく、害虫の脅威も低くなりました。

生育期の全体的な水分レベルが高いために、白の収穫量が増え、赤は良く熟しました。
初期の秋の霜は、熟した後の赤ブドウの早い乾燥を可能にしました。
そして、それは優れた風味の凝縮につながります。
収穫日はほぼいつも通り。
冬が急に到着し、それと共に記録的なアイスワインの収穫となりました。

テイスティング

洋梨とセミヨンから来ているであろうハチミツの香り。
濃厚でやや酸は少ない。
後からハチミツの香りが強く出てくる。
ブラインドで飲んだら間違いなくボルドーと答えるであろう。


使用しているブドウがボルドータイプなので当然とも言えますが、まるでボルドーの白ワイン。
この味わいをカナダワインが出すとは驚愕。
カナダ出身の外人忍者も驚いていた。

飲んだ日:2019-01-20
飲んだ場所:オステリア ラ リベラ
買った日:2019-01-20
買った場所:ヘヴンリー・バインズ
価格:5,000円
インポーター:ヘヴンリー・バインズ