• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

コース料理の最後に飲んだ甘口の赤ワイン。

昔飲んだ甘口ワインのイメージが蘇ってきましたが、思ったよりもスッキリと飲めました。

 

ワインデータ

ワイン名:Banyuls Cuvée du Dr. Andre Parce
生産地:France > Languedoc-Roussillon > Roussillon > Banyuls
生産者:Dom. du Mas Blanc (ドメーヌ・デュ・マス・ブラン)
品種:Grenache (グルナッシュ)
スタイル:Fortified Wine

ワイナリー

ドメーヌ・デュ・マス・ブランと「ドクトル・パルセ」一族は、3世代にわたってバニュルスとコリユールのアペラシオンを牽引してきた。
ドメーヌのルーツは1632年にまで遡りますが、その近代的な歴史は1921年にガストン・パルセ博士がワインのボトリングを開始し、1936年に制定されたバニュルスというアペラシオンの主要な提唱者となったことから始まります。
その後を継いだ息子のアンドレ・パルセ博士は、1971年に制定されたコリユールのアペラシオンの立役者である。
アンドレはボーカステル、シャーヴ、タンピエの家族と親交があり、これらのドメーヌから切り出したブドウが、地中海を見下ろすドメーヌ・デュ・マス・ブランの段々畑で栽培されるようになったのです。
1976年以来、ドメーヌはアンドレの息子であるワインメーカーのジャン・ミッシェル・パルセが率いており、彼は一族の伝統へのこだわりと、アペラシオンにおけるリーダーとしての評判をさらに高めています。

ブドウの品種と畑
年間生産本数:50,000本
作付面積:20ha(赤:19.3ha、白:0.7ha)
収穫方法: 手摘み
ブドウの平均樹齢:40年
ぶどうの購入:なし
黒ブドウ品種:グルナッシュ(90%)、ムールヴェードル(5%)、シラー(5%)。
白ブドウ品種:グルナッシュ(80%)、グルナッシュ・ブラン(20%)。

このワインは

ジャン・ミッシェル・パルセは、バニュルスを世界に知らしめた地元の有名人である父、アンドレ・パルセ博士へのオマージュとしてこのキュヴェを作りました。
数種類のヴィンテージをブレンドし、5年間の熟成を経て完成したワインです。
第一アロマと第二アロマがあり、古いバニュルス特有のアロマを知るには最適なキュヴェです。

テイスティング

赤の甘口。
375mL。
程よくタンニンがありしつこい甘みではないので飲みやすい。

飲んだ日:2016-02-27
飲んだ場所:ブラッセリーエール
価格:1,800円
インポーター:ラックコーポレーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!