飲んだワイン コイレ/ドン・カンデ ロゼ・オブ・サンソー2015 7点

最終更新日

自分の中では珍しいチリのロゼ。

色合いは可愛らしいがしっかりとドライ。
春秋に外で飲みたい。

ワインデータ

ワイン名:Don Cande Rosé of Cinsault
生産地:Chile > Central Valley > Rapel Valley > Colchagua Valley
生産者:Viña Koyle (ビニャ・コイレ)
品種:Cinsault (サンソー)
スタイル:Rose Wine

ワイナリー

ビニャ・コイレは、彼らの血が受け継がれる伝統から生まれました。
ドン・フランシスコが1885年に始めて以来、6世代以上にわたってワインに専念している家族です。
アンデス山脈の麓、アルトコルチャグアのロスリングスの岩だらけの斜面に植えられたブドウ園から、アイデンティティのあるワインを作ることに専念しています。
哲学は起源を尊重することに基づいており、バイオダイナミック農法によって導かれています。
ワイナリーでは、家族の経験と革新的なワイン製造技術をツールとして使用して、テロワールの卓越性を強調するワインを製造しています。

2006年、父のアルフォンソ・ウンドゥラガ・マッケンナと一緒に、最高水準の赤ワインを作るための理想的なテロワールの探求を始めました。
その場所は2つの主要な性質を持たなければなりませんでした。
ブドウに独特のミネラルの特徴を与える岩と、根が地球の奥深くまで成長できるように完全な排水を可能にする斜面です。

チリのさまざまな谷や地域をすべて訪れて分析した後、アンデス山脈のふもとにあるアルトコルチャグアのロスリングスに物件を見つけました。

クリマの特徴と土壌の地質は、この場所に完全に適応するブドウの木を選択することによってプロジェクトを開始する際の重要な要素でした。

このワインは

ドン・カンデが所有するこの特別なブドウ園のテロワールは、花崗岩と石英石で、南に傾斜があります。
ブラルコはとてもユニークな場所で、このワインを作るきっかけになりました。
樹齢50年以上の低木が灌漑されていないこの壮大なブドウ園から、このテロワールの最高のものを表現するために、より穏やかな方法で抽出することにしました。
これを、すべての新鮮な果物の可能性を備えた早期収穫、1つのユニークなロットと日、軟垂直プレス、天然酵母による低温発酵によって得ました。
このユニークな場所のアロマ、バランス、ミネラルがこの新鮮なサンソーで表現されました。
オーク古樽20%で熟成。

テイスティング

綺麗なロゼ色。
チェリーの香り。
ドライ。
塩気があるとインポーターの人は言っていたが、あまり感じられず。

飲んだ日:2017
価格:1,700円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!