飲んだワイン アンティノリ/ピアン・デッレ・ヴィーニェ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2007 6点

最終更新日

飲んだ時期が早かったのか、注いでから我慢できずにすぐ飲んだのが良くなかったのか…

私の好みの味わいではありませんでした。

ワインデータ

ワイン名:Pian delle Vigne Brunello di Montalcino
生産地:Italy > Toscana
生産者:Marchesi Antinori S.r.l. (マルケージ・アンティノリ)
品種:Brunello (ブルネッロ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

26世代にわたる長い歴史の中で、アンティノリ家は常にこの活動を直接管理し、革新的で時には勇気ある選択をしてきましたが、常に伝統と領土に対する揺るぎない敬意を持ち続けてきました。

マルケージ・アンティノリSrlは、1385年からの歴史を持つイタリアのワイン会社です。
イタリア最大級のワイン会社であり、その革新性は1970年代の「スーパー・タスカン」革命にも重要な役割を果たしました。
アンティノリはプリームム・ファミリエ・ヴィニ(12家族限定の家族経営ワイナリー組合)のメンバーであり、世界で10番目に古い家族経営の会社です。

リヌッチョ・ディ・アンティノーロは、1180年にトスカーナの町カレンツァーノの近くにあるカステッロ・ディ・コンビアーテでワインを造っていたと記録されています。
1202年にカステッロの戦争被害の為、一家はフィレンツェに移り、絹織物や銀行業を始めました。
1385年ジョバンニ・ディ・ピエロ・アンティノリはワインメーカーのギルドに参加しましたが、この日がワインビジネスの始まりとされています。
彼のワインの名声は年々高まっていき、1506年には1460年代にボニ家のために建てられたパラッツォ・アンティノリに4,000フローリン(金貨)を支払うことができました。
当時、アレッサンドロ・アンティノリはフィレンツェで最も裕福な人物の一人でしたが、多くのフィレンツェ人と同様に、スペインのチャールズ5世の暴挙と、新大陸の金の経済効果によって、すぐに破産してしまいました。
しかし、その後の平和な時代に一族は繁栄し、18世紀にはハプスブルク・ロレーヌ家の侯爵の称号を得ました。
16世紀後半、ベルナルディーノ・アンティノリは、ピエトロ・デ・メディチとその息子コジモ1世の妻であるディアノーラ・ディ・トレドと関係を持ちました。
当時、残忍さと不正直さで知られていたピエトロは、アンティノリ家とその妻の関係を突き止め、姦通罪で訴え、1576年7月、カファッジョーロのメディチ邸で犬の鎖で妻を絞殺しました。
ベルナルディーノは逮捕され、獄中で殺害されたため、ピエトロは父コジモ1世によってスペインに追放されました。
1900年、ピエロ・アンティノリは、ティニャネッロの47haを含む、キャンティ・クラシコ地区のいくつかのブドウ畑を購入し、彼の息子であるニコロは、1924年にボルドーのワイン品種でキャンティを作り、トスカーナを騒がせました。
その後も、新しいブレンド、樽の種類、温度管理、瓶熟成など、様々な実験を続けました。
ニコロは1966年に引退し、息子のピエロが後を継いだが、彼はさらに革新的で、白ブドウの早摘み、さまざまな種類の樽、ステンレスタンク、赤ワインのマロラクティック発酵などを研究しました。
真の革命は、1974年に発表されたティニャネッロ1971の最初のヴィンテージです。
このワインは、同名の畑から収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランを含む樽熟成ワインで、当初はカベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランがまだ含まれておらず、白ブドウ品種も使用されていなかったため、キャンティ・クラシコのアペラシオンには該当しませんでしたが、1975年ヴィンテージ以降はカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされています。
厳密に言えば、ティニャネロは最初の「スーパー・タスカン」ではなく、アンティノリス家の親戚であるマリオ・インシーサ・デラ・ロケッタ侯爵が造ったサッシカイアがその栄誉に輝いています。
しかし、イタリアのワイン業界を大きく揺るがしたのはティニャネッロであり、ルールや考え方に大きな変化をもたらしました。
しかし、キャンティ・クラシコDOCGのルールがティニャネッロのようなワインに合わせて変更された現在でも、アンティノリス社はIGTのトスカーナワインとして販売を続けています。
ボルドーワイン20%のティニャネッロの成功を受けて、1978年、アンティノリは隣の畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを80%使用したソライアを発売しました。
アンティノリは、1980年代から1990年代にかけてのインフレに対応するため、ワイナリーやブドウ畑への投資を精力的に行いました。
1985年にはカリフォルニアのアトラス・ピークにワイナリーを建設し、1987年にはバディア・ア・パッシニャーノ周辺に325haのブドウ畑を建設しました。
また、ピエモンテ州やプーリア州にも進出し、ハンガリーのバタアパティ、アメリカのスタッグス・リープとコル・ソラーレ、マルタ、ルーマニア、チリに合弁会社を設立しました。

このワインは

2007年はほぼ常に氷点下を超えていた穏やかな冬と、雨の少ない好条件の春のおかげで、ブドウの木の生育は早期に回復しました。
日中は暖かく、定期的に降雨があり、8月は昼夜の気温差が激しいため、ブドウの成熟に最適な環境となりました。
9月の暖かい日差しのおかげで、サンジョヴェーゼのブドウは完璧に熟した状態で収穫することができました。

醸造
ブルネッロ用の最高のブドウを7月中旬頃(いわゆる “グリーン・セレクション”)と収穫直前に慎重に選別することで、健康で完璧に熟したブドウの房だけをワイナリーに持ち込むことができました。
除梗、破砕後、ステンレスタンクに移されたブドウは、28℃以下にコントロールされた温度で、約3週間にわたるアルコール発酵を開始しました。
このようにして得られたワインは、マロラクティック発酵を経て、容量30~80hlのオーク樽で熟成を開始しました。
2年以上の熟成を経て、2011年の春にボトリングされました。

モンタルチーノの南西6kmに位置するピアン・デレ・ヴィーニュのエステートの名前は、19世紀の特徴的な鉄道駅がある同名の村に由来しています。
エステートは184haで、そのうち65haにブドウの木が植えられており、主に海抜130mの南西に面しています。
ピアン・デレ・ヴィーニュは、サンジョヴェーゼの果実の並外れた完全性を維持し、ブルネロに特徴的な生き生きとしたエレガンスを与えることができる大樽を指向する哲学を常に追求してきました。
ピアン・デッレ・ヴィーニュのブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCGが初めて収穫された1995年以来、アンティノリ家が所有するワイナリーです。

ピアン・デレ・ヴィーニュは、ブルネロのような伝統的で格調高いワインに、マルケージ・アンティノリが個人的かつ深い解釈を加えたものです。
このエステートは、ブルネロ・ピアン・デル・ヴィーニュの初収穫年である1995年からアンティノリ家が所有しています。

テイスティングノート

濃いルビーレッド色。
スパイス感のある赤い果実。
ちょっとときめかないワインだった。
美味しいとは思うのですが、色々と足りない感じ。
酸が強すぎるのか香りが閉じ過ぎているのか。
熟成が進んだり、かなりゆっくり飲んだら美味しく感じるのかもしれない。

飲んだ日:2014-05-31
飲んだ場所:エノテカ
価格:8,200円
インポーター:エノテカ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!