飲んだワイン マルケージ・アンティノリ/ヴィラ・アンティノリ キャンティ・クラッシコ リゼルヴァ2016 8点

最終更新日

ボルゲリの超有名ワイナリー「アンティノリ」の中間レベルのワイン。

それでも十分美味しくて満足できる。

 

ワインデータ

ワイン名:Villa Antinori Chianti Classico Riserva
生産地:Italy > Toscana
生産者:Marchesi Antinori S.r.l. (マルケージ・アンティノリ)
品種:Sangiovese (サンジョヴェーゼ), Merlot (メルロ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

26世代にわたる長い歴史の中で、アンティノリ家は常にこの活動を直接管理し、革新的で時には勇気ある選択をしてきましたが、常に伝統と領土に対する揺るぎない敬意を持ち続けてきました。

マルケージ・アンティノリSrlは、1385年からの歴史を持つイタリアのワイン会社です。
イタリア最大級のワイン会社であり、その革新性は1970年代の「スーパー・タスカン」革命にも重要な役割を果たしました。
アンティノリはプリームム・ファミリエ・ヴィニ(12家族限定の家族経営ワイナリー組合)のメンバーであり、世界で10番目に古い家族経営の会社です。

リヌッチョ・ディ・アンティノーロは、1180年にトスカーナの町カレンツァーノの近くにあるカステッロ・ディ・コンビアーテでワインを造っていたと記録されています。
1202年にカステッロの戦争被害の為、一家はフィレンツェに移り、絹織物や銀行業を始めました。
1385年ジョバンニ・ディ・ピエロ・アンティノリはワインメーカーのギルドに参加しましたが、この日がワインビジネスの始まりとされています。
彼のワインの名声は年々高まっていき、1506年には1460年代にボニ家のために建てられたパラッツォ・アンティノリに4,000フローリン(金貨)を支払うことができました。
当時、アレッサンドロ・アンティノリはフィレンツェで最も裕福な人物の一人でしたが、多くのフィレンツェ人と同様に、スペインのチャールズ5世の暴挙と、新大陸の金の経済効果によって、すぐに破産してしまいました。
しかし、その後の平和な時代に一族は繁栄し、18世紀にはハプスブルク・ロレーヌ家の侯爵の称号を得ました。

16世紀後半、ベルナルディーノ・アンティノリは、ピエトロ・デ・メディチとその息子コジモ1世の妻であるディアノーラ・ディ・トレドと関係を持ちました。
当時、残忍さと不正直さで知られていたピエトロは、アンティノリ家とその妻の関係を突き止め、姦通罪で訴え、1576年7月、カファッジョーロのメディチ邸で犬の鎖で妻を絞殺しました。
ベルナルディーノは逮捕され、獄中で殺害されたため、ピエトロは父コジモ1世によってスペインに追放されました。

1900年、ピエロ・アンティノリは、ティニャネッロの47haを含む、キャンティ・クラシコ地区のいくつかのブドウ畑を購入し、彼の息子であるニコロは、1924年にボルドーのワイン品種でキャンティを作り、トスカーナを騒がせました。
その後も、新しいブレンド、樽の種類、温度管理、瓶熟成など、様々な実験を続けました。
ニコロは1966年に引退し、息子のピエロが後を継いだが、彼はさらに革新的で、白ブドウの早摘み、さまざまな種類の樽、ステンレスタンク、赤ワインのマロラクティック発酵などを研究しました。
真の革命は、1974年に発表されたティニャネッロ1971の最初のヴィンテージです。
このワインは、同名の畑から収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランを含む樽熟成ワインで、当初はカベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランがまだ含まれておらず、白ブドウ品種も使用されていなかったため、キャンティ・クラシコのアペラシオンには該当しませんでしたが、1975年ヴィンテージ以降はカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされています。
厳密に言えば、ティニャネロは最初の「スーパー・タスカン」ではなく、アンティノリス家の親戚であるマリオ・インシーサ・デラ・ロケッタ侯爵が造ったサッシカイアがその栄誉に輝いています。
しかし、イタリアのワイン業界を大きく揺るがしたのはティニャネッロであり、ルールや考え方に大きな変化をもたらしました。

キャンティ・クラシコDOCGのルールがティニャネッロのようなワインに合わせて変更された現在でも、アンティノリス社はIGTのトスカーナワインとして販売を続けています。
ボルドーワイン20%のティニャネッロの成功を受けて、1978年、アンティノリは隣の畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを80%使用したソライアを発売しました。
アンティノリは、1980年代から1990年代にかけてのインフレに対応するため、ワイナリーやブドウ畑への投資を精力的に行いました。
1985年にはカリフォルニアのアトラス・ピークにワイナリーを建設し、1987年にはバディア・ア・パッシニャーノ周辺に325haのブドウ畑を建設しました。
また、ピエモンテ州やプーリア州にも進出し、ハンガリーのバタアパティ、アメリカのスタッグス・リープとコル・ソラーレ、マルタ、ルーマニア、チリに合弁会社を設立しました。

このワインは

サンジョヴェーゼをはじめとする補完品種を使用し、歴史あるラベルと長い伝統を持つワインに敬意を表しています。キャンティ・クラシコにアンティノリのワインセラーを開設するにあたり、アンティノリ家は、紛れもないスタイルと認められた品質を持つトスカーナの古典を、繊細であると同時に決定的でエレガントなリゼルヴァを通じて再解釈することを望みました。

2016年
気候
穏やかで雨の少ない傾向の秋冬を経て、2016年の春はキャンティ・クラシコで好天に恵まれ、発芽が過去の平均より10日ほど早まる好条件のもとで始まりました。
5月から6月前半にかけては降雨があり、気温も平均して低かったが、開花や結実の決定的な段階には影響しなかった。
8月末までの夏は暑く、乾燥していて、暑さのピークもなく、優れた生育と生産のバランスを維持し、ブドウの絶え間ない成長を保証するための最適な条件でした。
収穫月は規則正しく、数回の雨と長い日照と風通しが交互に訪れ、すべての品種に理想的な成熟過程をもたらした。
収穫は9月後半から始まり、10月10日頃に終了した。

発酵
ブドウは除梗され、ソフトに破砕された後、ステンレスタンクに移され、30℃を超えない温度でアルコール発酵が行われました。
マセラシオンは約15日間行われ、その間、アロマ、ストラクチャー、甘いタンニンをコントロールしながら抽出するために、機械的な介入が行われました。
サンジョヴェーゼはステンレスタンクで、その他の品種は2回目、3回目のバリックで行われたマロラクティック発酵の最後に、様々なロットがブレンドされ、主に大樽で、一部はバリックで、2019年春まで木樽熟成が続けられました。
2019年7月にボトリングが行われました。

過去のデータ
ヴィラ・アンティノリは、何よりもまず、ワイン生産に対する考え方、つまり、一方では実験と進化として、他方では歴史的な価値として存在しているのです。
サンジョヴェーゼをはじめとする補完品種が、歴史的なラベルと長い伝統を持つワインに敬意を表しています。
この名前は、実際、ほぼ100年の歴史があり、1928年のヴィンテージで初めて生産されたものです。
キャンティ・クラシコのアンティノリ・ワイナリーの設立に伴い、アンティノリ家はトスカーナの古典的なワインを再解釈し、繊細であると同時に決定的でエレガントなリゼルヴァを造ろうとしています。

テイスティング

濃厚なルビーレッド色をしています。熟した赤い果実、サワーチェリー、ドライフラワーのフローラルな香りに、シナモンのスパイシーなアロマが加わり、バルサミコのような心地よい余韻が感じられます。味わいはバランスが良く、香ばしく、力強く、余韻が長く、心地よいスパイシーな香りを連想させる余韻があります。

飲んだ日:2022-05-07
飲んだ場所忍者屋敷
価格:4,500円(公式HPで20ユーロ)
インポーター:エノテカ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!