飲んだワイン マルケス・デ・ムリエタ/ダルマウ2007 8点

最終更新日

家のセラーで5年以上眠っていたマルケス・デ・ムリエタ

スペインというよりはボルドー系のどっしりとしたワイン。
お値段も高級ボルドー並みですが、一度は飲んでみてもいいかもしれないワイン。

ワインデータ

ワイン名:Dalmau
生産地:Spain > Northern Region > Rioja
生産者:Marqués de Murrieta (Finca Ygay) (マルケス・デ・ムリエタ)
品種:Tempranillo (テンプラニーリョ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Graciano (グラシアーノ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

マルケス・デ・ムリエタ・エステート&ワインズは、プロ意識と日々の努力を常に行う家族によって率いられています。
ガリシア人の心を持つ2人の兄弟で、両親を愛と感謝の気持ちで覚えています。
チュス・スアレス・ラノスとビセンテ・セブリアン・サガリガ、素晴らしく模範的な両親、疲れを知らない労働者、そして本質的に誇り高い家族がそろっています。

マルケス・デ・ムリエタの創設は、1852年にルチアーノ・ムリエタが最初のリオハ・ワインを生産し、彼のワインを最初に輸出するというリオハワインの起源に関係しています。
リオハでの仕事のおかげでサヴォイのアマデオ王によって侯爵に任命されたルチアーノは、ボルドーに旅行し、後にスペインで広めることになるワイン製造技術を学びました。
彼はイガイ・エステートで「シャトー」のコンセプトを確立し、象徴的なイガイ城を建てました。

1983年、10番目のクレイセル伯爵であるビセンテ・セブリアン・サガリガがプロジェクトを引き継ぎました。
彼はワイナリーを近代化し、起業家としての使命でマルケス・デ・ムリエタの遺産を継承しました。
彼の死後、彼の長男のビセンテ・D・セブリアン・サガリガ(現在のクレクセル伯爵)は、妹のクリスティーナとともに、若くて有能なチームと共にワイナリーの経営を引き受けました。
長年にわたり家族は、伝統と現代性のバランスを維持し、21世紀のワイナリーを世界の特権的な地位に置くための完璧な継続性を保っています。

このワインは

収穫量が非常に少ない古い単一のブドウ畑からの限定生産のワイン。
マルケス・デ・ムリエタのよりモダンな一面を反映しており、厳選されたブドウ、細心の注意を払った抽出、1年半の新しいフレンチ・オーク樽での熟成が、このワインに調和のとれた強烈な特徴を与えています。
ダルマウは、ワイナリーの最もモダンな側面を示す、色合いと強度に満ちた限定生産のワインです。
複雑でビロードのような香りがあり、ワイルド・フルーツ、ダーク・チョコレート、ミネラルの香りが爆発し、新しいフレンチ・オークの樽で熟成させたクリーミーなトーストとエレガントが組み合わされています。
ボディとハーモニーが見事に調和し、力強いワインを生み出す、あらゆる面で印象的なエレガントで並外れたワイン。

単一ブドウ園:海抜465mにあるカナハスと呼ばれる古い単一のブドウ園から厳選されたヴィンテージで入手できる最高の果物のセレクション。
その土壌は主に粘土質の白亜質で、石の表土があり、最適な熟成に有利に働きます。
検証後、間伐が行われ、ブドウ1本あたりの生産量を1㎏に制限するために、小さな果実の房を選択します。
ブドウの品種:テンプラニーリョ82%、カベルネソーヴィニヨン15%、グラシアーノ3%。
手動収穫:ブドウをできるだけ早く完璧な状態でワイナリーに届けるために、手作業で選択された収穫は小さな箱で行われます。
グラシアーノは10月7日、テンプラニーリョは10月9日、カベルネ・ソーヴィニヨンは10月15日に厳選されました。
ワイン製造:ブドウは最初に慎重に除茎され、次に各品種が11日間別々に発酵します。
テンプラニーリョはステンレス鋼で、カベルネ・ソーヴィニヨンとグラシアーノは小さなオークの大桶で。
ポンプオーバーとデレスタージュ(ラック&リターン)操作は毎日実行されます。
熟成プロセス:225リットルの新しいフレンチ・アリエ・オーク樽で23か月。

テイスティング

ベリー、チェリー、樹、スパイスの香り。
タンニンは程々。
濃厚。
美味しい。

飲んだ日:2017-02-17
飲んだ場所:Bar小峰(クアドロフォリオ)
価格:12,000円
インポーター:エノテカ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!