飲んだワイン モンキエロ・カルボーネ/ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ2019 7点

最終更新日

10年前程に飲んで飲んで飲みまくったモンキエロ・カルボーネ。

土着品種のコルテーゼを使用した飲みやすいワイン。
値段も抑え気味なので買いやすい。

ワインデータ

ワイン名:Gavi del Comune di Gavi
生産地:Italy > Piemonte
生産者:Monchiero Carbone (モンキエロ・カルボーネ)
品種:Cortese (コルテーゼ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

モンキエロ・カルボーネ農場は、村の中心部にあるカナルの19世紀の風格のある農家にあり、地下には2世紀以上手つかずの大きな魅力的な歴史的セラーがあります。

同社の名前は、マルコ・モンキエーロとルシア・カルボーネの結婚と、その結果として両方から受け継いだブドウ園の合併により、2つの家族が結合したことに由来しています。
しかし、ワイン造りの起源とつながりは、過去に2つの家族のメンバーの間で発見されています。

モンキエーロ一族の曽祖母であるクロティル・デバレンテは先駆者です。
彼女は31歳の「成熟した」年齢で、職人として知られるジョバンニ・ライモンドと結婚しました。
彼はアメリカから帰国したばかりで、12年間の青春時代を過ごして財産を築きました。
まだ子供がいませんでしたが、第一次世界大戦の勃発は彼らをほぼ即座に引き裂き、ジョバンニは亡くなり彼らのお金と将来を管理するために彼女は奮戦しました。
1918年にクロティルデはモンビローネのブドウ園を購入することを決めました。
家族の歴史的なワイン、バルベーラ・ダルバ・モンビローネ。
70年代から80年代にかけて情熱を持って作り続けた孫のジョバンニとマルコ・モンキエーロのおかげで、最初は大量に販売され1961年のヴィンテージから今日まで瓶詰めされている小さな歴史的作品です。

リクというあだ名で有名な曽祖父のエンリコ・カルボーネが若いルシア・ジョエッティと結婚したとき、時代は1900年代初頭でした。
美しく、ほっそりした彼女は金髪でした。
カナーレ伯爵の裕福な分益小作人の娘であるルシアは、かなりの持参金とかなりの寄贈品をもたらします。
これは明らかに、リクがすぐにブドウ園を植えたいと思ったタノンの丘(タナン)の土地の購入に向けられています。
その白ワインを生産するアルネイスは、当時の好みに合わせて甘く造りました。

その後、タノンのブドウ園は、アルネイスに情熱を注ぐ祖父フランチェスコ・カルボーネ(セク・ドラ・ビウンダとして知られる)の手に渡りました。
ここに、過去に両方の家族の祖先がブドウ栽培の世界とどのように関係していたかを明らかにするいくつかの逸話があります。

全国的に有名な醸造学者であるマルコ・モンキエーロと彼の妻ルシア・カルボーネが、S.ステファノ・ロエロ通りにある大きな農家を購入することを決めたのは1987年でした。
マルコはイタリアワインのインポーターで得た幅広い仕事の経験を経て、村に戻ったばかりでした。

当時、1975年に生まれた息子のフランチェスコ・モンキエーロは、すでに非常に明確なビジョンを持っていました。
彼が成長し、彼は自分のブランドを作り、自分のワインを作りたいと思っていたでしょう。
イタリア中のワイナリーやブドウ園で育った有名なコンサルタントの醸造学者の息子は、いつの日か父親の研究とキャリアを継ぐことができました。
彼が独立することは突然で、プロジェクトに両親を巻き込んで自分の会社をゼロから作りました。

モンキエロ・カルボーネ・ワイナリーの歴史は、1990年に父親のマルコの助けを借りて最初のヴィンテージを醸造した起業家フランチェスコのおかげで始まりました。
バルベーラに加えて、彼の元にはロエロ・スーペリアのボトルが2000本しかありませんでした。
ピエモンテの2つの「巨人」の間に生産されたモンビローネは、祖父母から受け継いだ唯一の土地です。

フランチェスコは並々ならぬ決意と情熱を持って、偉大な絶対的な信念を持って、彼がアルバの学校で研究を終えるとすぐに、1995年のヴィンテージで袖をまくり上げて生産を開始しました。
1990年代にはまだその強い土地的アイデンティティを表明していなかったロエロの可能性に賭けたのです。

1994年、ロエロの土着品種であるロエロ・アルネイスは、フランチェスコの強い情熱のおかげでこの地域のワインとして定着しましたが、彼は土着ブドウ品種を生み出すために着手しなければならない研究と実験の長い道のりを知っていました。
この道のりはまだかなり行き先不透明です。
このユニークなテロワールに対する彼の強い愛情は、2013年に生まれたばかりのレストラン「コンソーシアム・ディ・トゥテラデル・ロエロ」の初代取締役になることにつながります。

2004年のワイン製造セラーの拡張と新しいブドウ園の買収のおかげで、長年にわたって会社は拡大してきました。
土地はワインの品質の最初のステップであるため、これらの区画は細心の注意を払って特定されています。

このようにして土地は成長し、現在の35haに達しました。
最も重要な買収の中には、アルネイスのブドウを産んだ丘の上にあるプランティのブドウ園、レネシオのブドウ園、そしてプリオッカの自治体にある、粘土質とマグネシウムを含む12haのブドウ園の単一体であるジェネストレット・クリュがあります。
ブドウ栽培に本当に適した豊かな土壌です。

フランチェスコは家族の女性に支えられています。
母親のルシアは常に勤勉かつ正確に会社の会計を担当し、妻のルクレジアは商取引とセラーでの受付を担当しています。
そして彼の右腕は2003年からブドウ園の管理を担当しているダニロ・ガリーノです。

このワインは

ピエモンテ原産の白ブドウに対する彼らの情熱により、2009年には産地のロヴェレート・ディ・ガヴィに家族経営のワイナリーとブドウ園を所有するアルバ・ワイン醸造学部のフランチェスコの仲間の学生とのコラボレーションのおかげで、ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィが彼らの区画に含まれるようになりました。
ガヴィDOCG(アレッサンドリア県)の中心部にあります。
6haのブドウ園は彼らの努力が捧げられており、ブドウは敷地内で醸造され、精製はカナーレのセラーで行われます。

空気圧プレスで圧搾した後に得られたフラワー・ワインは、発酵のために選択された酵母で精製されます。
発酵は、15°Cの温度で約2〜3週間スチール・タンクで行われます。
ワインはタンクに4か月間置かれ、その間、酵母が懸濁状態のままになるように、15日ごとにバトンネージで注意深く振とうされます。

コルテーゼ種のブドウの典型的な特徴とフランチェスコ・モンキエーロのすっきりとしたワイン醸造スタイルの両方が共存する、心地よい飲みやすさを備えたガヴィです。

ブドウ品種:コルテーゼ100%
生産地域:ロヴェレート・ディ・ガヴィ(AL)
畑の向き:東
高度:240m

テイスティング

緑がかった黄金色。
グレープフルーツ、花の香り。
ミネラル感しっかり。
酸もあり、味を引き締めている。
飲みやすい。

飲んだ日:2020-10
飲んだ場所:インコントラ・ヒラヤマ
価格:2,500円
インポーター:株式会社アルトリヴェッロ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!