飲んだワイン マイク・プレス/ピノ・ノワール ロゼ2017 7点

最終更新日

美味しいワインを手ごろな価格で販売し続けるという命題を挙げている消費者には嬉しいワイナリー。

プロヴァンスのロゼ・ワインにインスパイアされたワイン。

ワインデータ

ワイン名:Pinot Noir Rosé
生産地:Australia > South Australia > Adelaide Hills
生産者:Mike Press Wines (マイク・プレス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Rose Wine

ワイナリー

マイク・プレスは、南オーストラリア州の美しいアデレードヒルズに拠点を置く小さな家族経営のブドウ園とワイナリーです。
高品質のワインを卓越した価格で生産するためのベンチマークを設定したことを誇りにしています。

マイクとジュディ・プレスの牧歌的な退職計画として始まったものは、驚くほど手頃な価格のワインを世界に提供する繁栄するビジネスになりました。

マックス・シューベルトとペンフォールズとセペルト、そして最後にチーフ・ワイン・メーカーとしてミルダラ・ブラスまで、南オーストラリアのワイン業界で40年以上働いた後、マイクとジュディは1998年にアデレードヒルズのロベサル近くのケントン・バレーにある物件を購入しました。
その年に30エーカー、翌年にはさらに30エーカーを植え、その果物を彼の業界の知り合いに販売する計画でした。
残念ながら、ブドウの木が生産されていた頃には、オーストラリアは最大の「ブドウの過供給」の1つに苦しんでいたため、タイミングは良くありませんでした。

数年の厳しい年月を経て、彼らはすぐに自分たちの果物をワインに変えることが最善の選択肢であることに気づきました。
そのため、2003年にマイクはワイン製造用ブーツを脱ぎ捨て、地元の市場に販売するためのワイン「クリーン・スキン」を製造しました。
マイクとジュディはアデレード中の郊外の通りを歩き、丘を通り抜けて人々の郵便受けにチラシを落とし、クリーン・スキンはすぐに熱狂的な支持を得て、常に売り切れでした。

2005年のシラーズとカベルネをブレンドしたクリーン・スキンは、ほとんど前例のない動きで、オーストラリアで最も熱心に求められているワイン賞であるジミー・ワトソン・メモリアル・トロフィーのランナーに選ばれました。
これは業界の変革でした。

その後、2006年に物事は急速に変化し始めました。
彼らはアデレード・ヒルズ・ワインショーに参加し、2005年のシラーズ、カベルネ、メルローで3つの上位クラスの金メダルとベスト・イン・ショーのトロフィーを獲得しました。
翌日、彼らは受賞者の会食に供するためにワインにラベルを付ける必要があるだけでなく、友人であり国際ゲスト裁判官のマシュー・ジュークスからこの驚くべき業績について聞いたタイソン・ステルツァーからも電話を受けました。
タイソンはその日町にいて、すぐにこれらのワインの製作者夫婦に会いたかったのです。
彼は即座に気に入り、それ以来過去14年間で他のどの単一のワインブランドよりもマイク・プレスから多くを購入しています。

ワイン業界でのキャンベル・マティソンとの縁もあり、マイクとジュディは2日間で1,000ケースのワインを販売しました。
称賛は続きます…彼らはジェームズ・ハリデイから5つ星のワイナリー評価を受け、オーストラリア人のための毎年恒例のトップ100ワインで9年連続で紹介されました。
彼らは全国のショーで無数のメダルを獲得しました。マイクとジュディは、需要が高まっているにもかかわらず、価格を低く抑え、高品質のワインを手頃な価格で提供し続けるという信念を永遠に忘れず、いつでも誰でも楽しめるようになりました。

何年にもわたって、彼らの家族はビジネスに関わってきました。
息子のジェームズがブドウ園を経営し、娘のサラが南オーストラリアでワインを売って、義理の娘のレイチェルが顧客の相手をしています。
ゆっくりと彼らは南オーストラリアの外に拡大し、東部の州、そして最終的には南オーストラリアにも販売代理店を任命し、自宅でブランドを代表するためにエンパイア・リカーを選びました。

それから2016年に彼らはボブとユウコ・ハリスに会いました。
マイクとジュディと同じくらいワインと南オーストラリアに情熱を持っている仲間のワイン業界の夫婦はすぐに仲良くなり。そして2017年にボブとユウコは他のワイン・ビジネスへの素晴らしい追加活動としてマイク・プレス・ワインを購入しました。
彼らは最初から、これがマイクとジュディとの強力な協力関係であり続け、そのすべての一部であり続けることを望んでいました。
家族経営のビジネスとして継続することは、両者にとって非常に重要でした。
プレス・ファミリー全員がこの申し出を受け入れることに興奮していました。
これにより、マイクとジュディは、輸出を含むマイク・プレス・ワインの次の章に参加する機会が得られるだけでなく、引退を楽しむ自由が加わり、好きなことを続けられる機会も得られます。
それがとにかくこのビジネスの要点でした。

ボブとユウコはフランスでシャトーとワインのビジネスを行っており、ブルゴーニュのフェニックス・ワイン・クラブ、ボジョレーにブドウ園のあるワイナリー、ケントン・バレーのブドウ園に隣接するブロックにあるシューベルトのブドウ園があります。

ボブは南オーストラリア州で有名な国際的キャリアを経てアデレードに戻り、妻のユウコは過去20年間、日本でハリーポッター・シリーズの翻訳と出版を行ってきました。
また、世界中でいくつかの出版社を経営しています。

マイクとジュディは今でも積極的に事業に携わっており、ケントンバレーのブドウ園に住んでいます。
息子のジェームズがブドウ園を管理し、マイクがすべてのワインを作っています。
彼らは、手頃な価格で高品質のワインを生産するという変わらぬ目標を持った献身的な家族経営の会社であり続けているので、いつでも誰もが楽しむことができます。

このワインは

マイクとジュディはプロヴァンスのロゼ・ワインに恋をし、アデレード・ヒルズの高いところにある単一のブドウ園から同様のワインを作りたいと考えました。

これは甘いピンクの飲み物ではありませんが、主にピノ・ノワールといくつかのソーヴィニヨン・ブランから作られた本格的なワインであり、強烈な風味と長い辛口のフィニッシュのワインになります。
ワインは本物のロゼの素晴らしい「ヤマウズラの色の目」を持っています。

テイスティング

サーモンピンク。
チェリーの香り。
色と香りからは想像できないフレッシュな苦味。
ドライで酸も感じられる。

飲んだ日:2019
価格:1,800円
インポーター:ヴィレッジ・セラーズ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!