飲んだワイン ロシュ・マゼ/シャルドネ2018 7点

最終更新日

安いのに思ったよりも美味しかったロシュ・マゼ。

デイリーワインとして常備していても悪くないかもしれません。
3Lボックス版が欲しい。

ワインデータ

ワイン名:Chardonnay
生産地:France > Languedoc-Roussillon > Languedoc
生産者:Roche Mazet (ロシュ・マゼ)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

ロシュ・マゼをロシュ・マゼたらしめているもの、それはまずブドウの厳選です。
ペイ・ドックのテロワールは見事なモザイク状になっています。
ロシュ・マゼでは、それぞれの品種の最高の味わいを見極めながら、敬意をこめて、正確に、情熱をもってブレンドしています。
ロシュ・マゼはヴァラエタルワインとしてその地位を確たるものにしていますが、いずれの品種も多彩なテロワールを活かした造りになっています。

豊かな日照量と適度な乾燥という、地中海性気候の恩恵をうけた南フランス、ペイ・ドック地方は地中海からの風がはぐくむ変化に富んだ多様な土壌が特徴的です。
ペイ・ドックはまた豊かな遺産を内包する地域でもあります。
その原風景をささえるのははるか昔からぶどう畑と人々でした。
ドミティア街道、世界遺産のミディ運河などがあるペイ・ドックは古来、往来の交差点として発展してきた歴史があります。
これほど多く品種が根づき、豊かなヴァラエタルワインが生まれた背景はここにあります。

このワインは

この地方の丘陵地は粘土石灰質で石ころの多い土壌ですが、その中でも最良の区画で生まれたワインを厳選することで特別なロシュ・マゼのブレンドが実現しています。
この綿密なブレンドの一翼を担うのが樽の香りで、果実味豊かなボディとともにシャルドネの豊かなアロマを生み出す役割も果たしています。

テイスティング

少し高めの温度で飲んだのでハチミツとバニラの香りが結構します。
1,000円以下の白にしては香りは悪くない。
余韻も程々にあり、これまた優秀。
また買ってもいいかもしれないと思わせる安さと味わい。

飲んだ日:2020-10-22
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2020-10-22
買った場所:大丸
価格:800円
インポーター:国分

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!