飲んだワイン コドーニュ/ヌヴィアナ シャルドネ2018 7点

最終更新日

カバで有名なコドーニュが作るスティル・ワインのヌヴィアナ

ヌヴィアナは雛鳥の意味とスペイン語のNUVIS(new)、VINO(wine)、VIDA(life)を合わせた造語。
お値段手ごろで飲みやすいワイン。

ワインデータ

ワイン名:Nuviana Chardonnay
生産地:Spain > Northern Region > Aragón
生産者:Nuviana (Codorniu) (ヌヴィアナ (コドーニュ))
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

コドーニュはスペインで最も古く、世界で17番目に古いビジネスです。
現在、コドーニュ・グループには3,000ha以上のブドウ園があり、ヨーロッパで最大のブドウ園所有者となっています。
その名門ブランドは、その起源の最高を表現することで世界中から賞賛と賞を受賞しています。
この品質への取り組みは、コドーニュ・グループのマスター開発の鍵となっています。
500年以上の歴史の中で、価値の高いワインとカバを作り上げてきました。

コドーニュ一家のワイン事業は、16世紀半ばまで遡ります。
その時代の文書は、家族がワイン産業に関連するいくつかの機械と道具を持っていたと述べています。
1659年、アンナ・コドーニュはミケル・ラヴェントスと結婚し、それぞれ長いワインの伝統を持つ家族が団結しました。
数年後の1872年、ジョセップ・ラヴェントスは「伝統的な方法」を使用してスペインで初めてカバを生産し、アルト・ペネデス地域にまったく新しい産業を確立しました。
サンサ・ドゥルニ・ダノイアのコドーニュ・セラーは、19世紀末から20世紀初頭(1895-1915年)にマヌエル・ラベントスの注文に基づいて建てられました。
彼は、施設を設計するために、有名なカタルーニャの建築家ホセップ・プイイ・カダファルチを選びました。
当時、コドーニュは年間約100,000本のカバを製造しており、新しい施設のサイズは非常に壮大でした。
ワイナリーの道路や鉄道から少し離れた場所も、当時としては珍しいものでした。
しかし、マヌエルは、家族のワイナリーがブドウ畑の近くにあるべきだと強く主張しました。
彼のそのような近接性がワインの品質を向上させるための鍵となることを知っていたからです。
今日、コドーニュは、ブドウ園の植栽から完成品まで、すべての生産プロセスを管理し続けています。
ワイナリーは最新の設備と最新の設備を備えています。

このワインは

ヌヴィアナ・シャルドネは、ティエラ・デ・カスティーリャのブドウで造られたフルーティーでフレッシュで香りのよいワインです。
ヌヴィアナという単語は、ノヴェッラーナという単語の派生語であり、旧カスティーリャ語では、雛鳥を意味します。

テイスティング

薄い黄金色。
トロピカルフルーツ、桃の香り。
酸は少ない。
少し苦味を感じるフレッシュさ。
冷え冷えだったので香りも少なく、味わいも正常ではなかったようだ。

飲んだ日:2020-07-04
飲んだ場所:恵比寿 牡蠣×肉 kairi 2nd
価格:1,500円
インポーター:サッポロビール株式会社

wineninja

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!