飲んだワイン ダーレンベルグ/ザ・デット・アーム シラーズ2016 7点

最終更新日

久しぶりに飲んだ高価なオーストラリア・ワインのダーレンベルグ

「死んだ腕」などという不吉な名前ですが、「枝枯病」の菌に侵されたブドウの木の特性を表しています。
血の滴る肉との相性が良い鉄っぽい味わいのあるシラーズ。

 

ワインデータ

ワイン名:The Dead Arm Shiraz
生産地:Australia > South Australia > McLaren Vale
生産者:d’Arenberg (ダーレンベルグ)
品種:Shiraz (シラーズ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

2009年、オーストラリアの最古の家族が所有する多世代のワインビジネスの12が一堂に会してオーストラリアのファーストファミリーを形成したことで、オーストラリアのワインの風景は一変しました。

志を同じくする家族のユニークなコラボレーションである意図は、オーストラリアのプレミアムワインの歴史、起源、品質に関する物語を変え、それらをつなぐ黄金の糸を形成するこれらの家族の背後にある物語を伝えることでした。

それ以来、オーストラリアの最初のワインの家族は、彼らのほのかな物語を共有するための集団として世界中を旅してきました。
苦難と成功、経験と覚悟の物語。
最終的には、これらの家族の48世代以上の情熱と1380年の共同ワイン造りの経験が、オーストラリアのワインの物語を形作るのに役立っています。

このワインは

デッド・アームは、世界中のブドウ園にランダムに影響を与える真菌エウチパ・ラタによって引き起こされるブドウ病です。
多くの場合、影響を受けたブドウは厳しく剪定または植え替えられます。
ぶどうの木の半分、つまり「腕」は徐々に枯れ木になります。
その側は活気がなく脆いかもしれませんが、反対側のブドウは低収量ですが驚くほどの強さを示します。

ブドウの小バッチを静かに粉砕し、5トンの発酵槽に移します。
これらのバッチは、最終ブレンドまで別々のままです。
足踏みは、発酵過程の3分の2で行われます。
ワインはバスケット・プレスされ、新品と使用済みのフランスと古いアメリカのオーク樽の混合物に移され、発酵が完了します。
樽発酵はシュール・リーで熟成され、最終的なブレンドまで清澄化されず、清澄またはろ過されません。

テイスティング

若いヴィンテージだからかフレッシュ。
黒果実系の果実味とリコリス、シダ、シナモンの香り。
鉄っぽい味わいがあるので、確かにカンガルーの肉とは合う。

飲んだ日:2019-10-26
飲んだ場所:マルザック
価格:5,500円
インポーター:ヴィレッジセラーズ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!