飲んだワイン ジャン・クロード・マス(マス・デ・タンヌ)/レ・タンヌ オクシタン シャルドネ2018 7点

最終更新日

数々のドメーヌを抱えるジャン・クロード・マス

その中でも値段の抑えられたオクシタン シャルドネ
海外ではほとんど情報が無い為、これは日本向けの商品でしょうか。

 

ワインデータ

ワイン名:Les Tannes En Occitanie Chardonnay
生産地:France > Languedoc-Roussillon > Languedoc
生産者:Jean Claude Mas(Mas des Tannes)(ジャン・クロード・マス)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

エロー渓谷下流のモンタニャック市にあるマス・デ・タンヌは、かつてシトー会のヴァルマグニ修道院に属していた古代の羊小屋の跡地にあります。
その名前の由来となる希少な天然温泉の1つ近くに設立されたこの農園は、1990年代に以前の所有者がブドウ園全体をバイオダイナミックなブドウ栽培に転換するまで、いくつかの所有者の手を通りました。
60haに広がり、そのうち36haにはブドウが植えられています。

ジャン・クロード・マスは2006年にこの土地を取得しました。起伏のある地形で、標高120メートルの最高のロケーションを保持しています。松林とガリグー(野生の低木地)によって保護され、地中海性気候(海岸から9 km)によって育まれ、北風によって冷やされています。粘土石灰岩の土壌は、有機物が豊富で、合成製品にさらされたことのない緑豊かな下層土です。

ブドウは自然に抵抗力があり、丈夫で、ブドウは濃縮され、健康的で、ワインはバランスが取れており、豪華です。赤と白のマスデタンヌリザーブとマスデタンヌクラシックレッドワインは、平均収穫量50 hl / ha、植え密度4ヘクタールあたり15〜34歳のブドウから生産されます。ペイレプランタード(植えられた石)は、砂利質の黒い粘土質の土壌、トーの湿地と地中海の景色を望む南東部の露出の象徴的なプロットです。カベルネ・ソーヴィニヨン、グルナッシュとグルナッシュブラン、ムールヴェードル、カリニャン、シラー、メルロー、シャルドネ、シラーとヴィオニエはすべて有機栽培されています。収穫は手作業と機械作業の両方で行われ、Cordon de RoyatとGobeletの方法で剪定されます。

ワインは、フランス産またはアメリカ産のオーク樽と同様に、小さなセメントタンクで生産され、熟成されます。

このワインは

ニコールのブドウ園の向かいにはマス・デ・タンヌがあります。
30ha。
有機栽培で、カベルネ・ソーヴィニヨン、赤と白のグルナッシュ、ムールヴェードル、カリニャンが植えられています。
この地域は、北西からの健康な風によって十分に保護され、栄養が与えられる特権的な状況です。

テイスティング

ブリオッシュ、トロピカルフルーツの香り。
酸は少なめ。
飲みやすい白ワイン。

飲んだ日:2019-08-23
価格:920円
インポーター:モトックス

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!