自然派、オレンジワイン大好きな方々には非常に高い人気を誇るトリンケーロ


残念ながら自分にはまだ自然派信仰主義は根付いていないのですが、自然派の中でもかなり飲みやすいワインだと思います。
開けたてよりも3日くらい経ってからの方が味も香りも落ち着いてくるとの事です。
今回飲んだのは2日目くらいでした。

ネットでも大人気で売り切れの様子。

ワインデータ

ワイン名:a-iuto! Bianco
生産地:Italy > Piemonte
生産者:Trinchero (トリンケーロ)
品種:Arneis (アルネイス), Chardonnay (シャルドネ), Malvasia (マルヴァジーア)
スタイル:White wine

ワイナリー

公式HPは工事中で何も見れません。


エツィオ・トリンケーロのワイナリーは、ヴィアノーセ村のアスティの丘に位置するバルベーラのスペシャリストです。
ワイナリーはアリアーノにあり、1920年以来家族の所有となっています。
当時ワイナリーを始め、息子のレナートとエツィオ・トリンケーロに当主の座を渡したセコンドとセラフィーノ兄弟によって最初に設立されました。

今日のワイナリーは、イタリア中で最も長く生き生きとしたバーベラを作る例のひとつとなっています。
一家は、過小評価されているバルベーラのブドウは、良い土地の古いブドウの木から栽培され、瓶の中で優雅な進化を可能にするために醸造されるならば、深く複雑で長命のワインを生産できる品種であると信じています。
そこを念頭に置いて、家族は有機的に彼らのブドウの全てを耕し、彼らのブドウ栽培に非常に細心の注意を払っています。

主力ワインは、1929年にアスティの丘に植えられた彼らのバーベラ・ダスティ「ヴィーニャ・デル・ノーチェ」です。
古い畑は短い剪定と相まって、1haあたり35hLのブドウ畑で生産されています。
バルベーラの例としては、実に見事な例です。
発酵期間に45日の浸軟を与えられて、それから瓶詰めになる前に大きくて古いオーク樽で少なくとも2年半熟成されるので、ワインはバローロのトップ・キュヴェのように扱われます。
エツィオは発売の少なくとも6ヶ月前にワインをボトルに詰め込み、発売後の20〜25年間は非常に安定して熟成することができます。
ヴィーニャ・デル・ノーチェ1982の最近試飲されたボトルは、鮮やかで若々しく、このワインの寿命はどれほど長いのかを明確に示しています。
1990年代後半 それは明らかに今日イタリアで作られたバルベーラの最も良い例の一つです。


このワインは

輸入元のヴィナイオータの太田社長がエツィオに愛息ゆうと君の名前を付けてもらったそう。
イタリア人に息子の名前を覚えてもらうために使っていた「Aiuto(発音的にはアユート)」という「助け、援助」(!を付けたら「助けて!」)を意味する言葉と「A Yuto」(Aはイタリア語の前置詞で、ゆうとに、の意)を掛けたワイン名。

テイスティング

濁りあり。
オレンジワインらしい熟成した梅酒と古い畳の香り。
酸は程ほど。
野生とエレガントをまぜこぜにしたワイン。

飲んだ日:2018-12-04
飲んだ場所:クオーレ・フォルテ
価格:2,800円
インポーター:ヴィナイオータ