あのシャンボール・ミュジニーの有名ワイナリーであるヴォギュエともコラボでワインを出したりとニューワールド・ワイナリーの中でも知名度が高いプロフェッツロック

コラボワインは2万円くらいするのでとても買えませんが、いつか飲んでみたいワインの一つです。
このピノ・グリは全然手に届く値段です。
これでも十分に美味しい作り手。

ヴォギュエとのコラボワイン

ワインデータ

ワイン名:Pinot Gris
生産地:New Zealand > South Island > Central Otago
生産者:Prophet’s Rock (プロフェッツ・ロック)
品種:Pinot Gris (ピノ・グリ)
スタイル:White wine

ワイナリー

1999年にプロフェッツ・ロックを設立したとき、彼らの目標はセントラルオタゴで他に例がない区域を見つけることでした。
ベンディゴ地方には2つのブドウ畑が造られました。
プロフェッツ・ロックのホーム・ヴィンヤード、そしてロッキーポイントです。
両方とも急峻で標高が高、それぞれが特徴的です。
片岩、粘土、チョークを含む希少な土壌が混在するホーム・ヴィンヤード、そして石が多い地表と危険な斜面があるロッキーポイント。

ワイナリーでは、しかし、私たちはヨーロッパの古い家の中で私たちのミューズを見つけます。
ワインメーカーのポール・プジョルは、フランスの伝統的なワイン産地であるラングドック、サンセール、そして重要なブルゴーニュとアルザスで経験を磨きました。
ポールの伝統的な尊重、忍耐強さ、ブドウ畑に焦点を当てた審美性は彼らのワインに共鳴し、それらを彼らの区域のユニークなテロワールを表現しています。

そしてそれぞれのグラスは場所によって統一された古い世界と新しい世界、過去と現在の両方を体現しています。

プロフェッツ・ロックでは、持続可能なワイン生産に尽力しています。
彼らのブドウはそれらを取り囲む自然環境の中で快適に育ち、そして彼らはこれらの環境を注意深く扱います。
プロフェッツ・ロックはSustainable Winegrowing New Zealandのメンバーです。

このワインは

プロフェッツ・ロック/ピノ・グリはホーム・ヴィンヤードとロッキーポイントの両方のブドウ園から作られています。
セントラルオタゴのより暖かい地域に植え、慎重なブドウ栽培を実践することでこの地域の特徴である鮮度を保ちながら、非常に香り高いピノ・グリのスタイルを作り出すことができます。
このワインは、生産量が非常に限られているにもかかわらず、熱心なファンがおり、幅広い評価を得ています。
その醸造はアルザスでのポールの修行時代の影響を強く受けています。
そこでは野生酵母、複数の小さな容器、そして長い熟成が一般的です。
ゆっくりと発酵させた後、瓶詰めする前にさまざまな成分を酵母の粕で熟成させます。

プロフェッツ・ロック/ピノ・グリは、2007年の最初のリリース以来非常に優れたレビューを受けており、ヘストン・ブルメンタールのミシュランの3つ星レストランThe Fat Duckの美味しいメニューにマッチしたワインとなっています。
2016年から始まったニュージーランドの象徴的なワインを評価するエア・ニュージーランド・ファインワイン賞を受賞。

テイスティング

洋梨、ハチミツの香り。
後半果実の香りがしっかり。
フレッシュで果実の甘みと苦味がわずかにある。

飲んだ日:2018-12-16
価格:4,500円
インポーター:GRN株式会社