なんとなく希少性を感じて飲んでしまったワイン

希少性重視で味はまだ頑張る余地がありましたが。

はこだてわいん Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤

はこだてわいん Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤

またしても日本ワインになってしまった。
どうも衝撃的というか、頑張りが感じられるというか名前が面白くて思わず購入してしまったりするのが日本ワインだったりするのかもしれません。
友人のご母堂がワイナリーで購入したモノが巡り巡って我が手の中に。
ワインの運命とは面白いものです。

はこだてわいん Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤

輸入ワイン(外国産) ぶどう(日本産)は半分以上が外国産ワインで半分以下が日本産ワインと教えていただきました

ワイン名:Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤
生産地:Japan > Hokkaido
生産者:株式会社はこだてわいん
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:赤ワイン

ワイナリー情報
1973年、「駒ケ岳酒造」として設立。
1984年、本社・工場を七飯町に移転し、商号を現在の「株式会社はこだてわいん」に変更。日本人の味覚に合う”日本のワイン”を目指し、西洋の技術や味覚をそのまま模倣するのではなく、日本人のライフスタイルを意識した、カジュアルながらも本格的なワイン造りを行う。
自然豊かな北海道において、ワイン醸造用ブドウの作付面積では日本最大の規模を誇り、その中心となるのが余市地区で、契約農家を通して原料ブドウを栽培している。
2011年、世界で最も深い場所にある貯蔵庫(海面下283m)として、青函トンネル内に「青函トンネル蔵置場」を開設し、ワインの蔵置を開始。2013年、『青函トンネル熟成ワイン』を数量限定で発売した。

テイスティング
赤紫色。
ベリー、皮の香り。
フレッシュなミディアムボディ。
タンニンはやや強く感じる。
未熟な味わいですが、頑張りを感じる…良くも悪くも日本のワインと思える。

飲んだ日:2017-05-28
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:不明
買った場所:ワイナリー
購入単位:ボトル
価格:1,500円
インポーター:なし

今は売り切れているようですが、はこだてわいんのワインはこのショップに色々あるようです