ブルゴーニュの古典を好むマニアは必ず1度は飲むグリヴレ

既にドメーヌは消失しており、現在は残っているワインの争奪戦となっているため、本物だと断定できた場合は購入すべきともいわれております。
出来の良い年はDRCやジャイエに勝るともいわれるがはたして…
私が買える訳がありませんので、当然外人忍者が持って来た一本になります。

ワインデータ

ワイン名:Chambolle Musigny 1er Cru Les Amoureuses シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Chambolle Musigny
生産者:Dom. Bernard Grivelet (Grivelet Père & Fils) (ドメーヌ・ベルナール・グリヴェレ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

すでに消滅しているが故に情報があまりにも少ないドメーヌ。
1960年代に大きく名を馳せたブルゴーニュ、コート・ド・ニュイのネゴシアンで、高額なドメーヌ物も存在している。
フェルナンド・アルフレッド・グリヴレとその息子ベルナール・グリヴレがシャンボール・ミュジニー、ヴージョ村を本拠地にワイン造りを行っていました。


1920年から1964年アルベール・グリヴォーに売却するまでマルコンソールを所有。
市場に多く出回っているシャンボール・ミュジニー レ・ザムルーズ、ボー・ブリュン、シャルム・シャンベルタン、ボンヌ・マールを所有していました。
ドメーヌ消滅後はJ.-F. Mugnierが畑を引き継いでいます。

ベルナールは1983年の新聞によると、ラベル偽造の罪で起訴されたりと中々の経歴。
1979年の新聞によると、シャンボール・ミュジニー、モレ・サン・ドニ、シャンベルタン・クロド・ベズをフランスの法律規定以上生産し、余ったワインを法律に沿ってブルゴーニュ・ルージュ等として販売しなければならないところをそのまま高級ワインとしてアメリカに向けて出荷してしまった。


普通こういった水増し事件が起こると、他のフランス地域やイタリア、スペインからの安いワインを高級ワインに混ぜる事が行われますが、ベルナールはそういったことは行われておらず「中身はそのまま高級ワインであり、紙(ラベル)だけが違うだけだ。」と反論?しています。
もはや真実は闇の中ですが、1万5千本~7万本がアメリカに流出しましたが殆どが水際で食い止められて消費者には供給されませんでした。
なのでアメリカの警察のいう事を信じれば、市場に出回っている偽物(ラベルだけで中身は本物?)は少ないと考えられます。

テイスティング

40年経ち熟成香が凄い。
やや褐色になったルビー色。
皮、土や出汁の香り。
タンニンは滑らか。
酸は程々。
ジャイエ程ではないが確かに美味しい。

飲んだ日:2018-01-28
飲んだ場所:ボジョレー村
買った場所:NYのオークション
価格:100,000円

 

ヴォギュエにもよく似たエチケットですが、何か関連性があるのか博識などなたかに教えていただきたい。