地方名でも美味しいフレデリック・マニャンのワイン。

ネゴシアンだが、栽培チームを畑に派遣しほぼドメーヌのような形をとっている。
ルロワにビオディナミを導入した栽培責任者に育てられたブドウから作るワインは非常に美味しい。

 

ワイン名:Vosne Romanée Vieilles Vignes
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Vosne Romanée
生産者:Frédéric Magnien (フレデリック・マニャン)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー
フレデリックは1969年5月に生まれたマニャン家の第5代目の醸造家です。
彼は1987年から1991年まで父親とモレ・サン・ドニのドメーヌ・ミシェル・マニャンで一緒に働きました。

フレデリックは知識を広げ情熱を果たすために、海外で働く事を決めました。
カリフォルニアのジョシュ・ジェンセンのカレラ・エステートから始まり、その後バノックバーンのブドウ畑でギャリー・ファーと共にオーストラリアで働いていました。

1993年のドメーヌ・ミシェル・マニャンのブドウ収穫のために、彼はフランスに帰国しブルゴーニュ大学で学位を取得しました。
1995年9月彼はブドウの購入をして自分の名前でワイン製造業を開始するという人生の最も重要な決定を下しました。
彼の目的は、ワイン醸造業者の仕事を強化することでした。
実際、フレデリック・マニャンはブドウを所有しておらず、栽培者とのコンサルタントとして重要な役割を果たしています。
ブルゴーニュの高級品種から、最高の熟成に。
ブドウ摘みから、コート・ド・ニュイのテロワールの香りの多様性を探索することができます。

フレデリック・マニャンは土壌からワインへの純度を昇華させるために有機的なブドウ栽培に投資しています。
1996年以来ワイン製造プロセスの各ステップは、月周期のリズムに従っています。

このワインは
VosneはVidumosから派生したと言われており、Vidumosは “森”を意味します。
カエサルによって20年間入植したガリア人は、後の世代がロマネーと名づけたブドウ園の贈り物を受け取ったと言われています。
ヴォーヌは歴史書636-650ページ辺りに書かれた地域にVanoaとして現れます。
偉大な歴史家、クロード・コートペレは、「ヴォーヌには一般的なワインはありません」とよく言いました。

地質学的記述
ピノ・ノワールの表情を昇華させるために、2つの補完的なテロワールがこのワインに結びついています。
土壌は、数十センチメートルから1メートルまで変化する深さの粘土泥岩と混合した石灰質である。
これら2つの小地区は東向きにあります。

テイスティング
美しいルビー色。
やや湿ったベリー、イチゴの香り。
酸は程々。
フレッシュで非常に美味しい。

飲んだ日:2018-02-22
買った日:2018-01
飲んだ場所:カナル 新宿
買った場所:信濃屋
価格:8,700円(テラヴェール参考価格) 信濃屋で5,000円
インポーター:テラヴェール