気軽に飲むにはやや高価ですが美味しいピノ・ノワール。

現在は超大手のシャトー・サン・ミッシェルの傘下にあるようですが、基本的には独立したブランドとして扱われています。
ウィラメット ヴァレーを中心に、オレゴン各地にある畑の中から厳選したブドウを使用したワイン。

■イーラス ピノノワール[2015]赤(750ML) Pinot Noir Erath[2015]【出荷:7~10日後】

ワイン名:Erath Oregon Pinot Noir
生産地:USA > Oregon
生産者:Ch. Ste. Michelle(Erath) (シャトー・サン・ミッシェル(イーラス))
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー
オレゴン州ダンディーヒルズの他のワイナリーより40年以上前に。
穏やかな風、海の気候の暖かさと調和した赤く鉄が豊富なジョリー(オレゴンの火山性土壌の名称)の土は、ダンディー・ヒルズの特徴です。
それはハンドクラフトの現象とピノの芸術を生み出す土地でした。

オレゴンのワインのパイオニアの一人であるディック・イーラスは、ピノ・ノワールの扱いにくさから、常にピノ・ノワールへのアプローチにこだわっていました。
ブドウ栽培者からエンジニアになったディックは、1965年に自宅のガレージで最初のワインを作り、その実験の後ワイン作りに触発されました。
1968年にUC-デイヴィス(ワイン作りの東大)でコースを修了した後、イーラスはカリフォルニアからダンディー・ヒルズの荒涼とした赤い丘に家族を移しました。
チェハレム・マウンテンズで最初のブドウ畑を購入し、49ヘクタールの拠点となる空調もない丸太小屋は特別なワイナリーとして数年間利用されました。

1969年春にダンディー・ヒルの最初のワイン用ブドウ23種を植え、ピノ・ノワールが良く育ちました。
1972年までに、イーラスは彼のダンディー・ヒルズで最初の商業用ワイン216ケースを生産しました。
彼はカリフォルニアのクローンではなく、1974年にオレゴン州に輸入されたフランスのクローンを使用しました。
1976年ダンディー・ヒルズの最初のワイナリーとしてイーラスがブレイクしました。
1982年のピノ・ノワールを含む初期ヴィンテージの成功は、大手ワイン​​メーカーがオレゴン州で独立するきっかけになりました。
2003年ワイン醸造家のゲイリー・ホーナーが参加。
アプローチではあるが芸術的で進歩的であることを願って、ゲイリー・ホーナーは、古典的なオレゴン・ピノを解明する努力をしています。
ゲイリーの最高のピノ・ノワールを地域に提供するという目標は、オレゴン州の本格的で重要な活動です。
2006年シャトー・サン・ミッシェルがワイナリーを購入し、将来へイーラス・ブランドを運ぶことを約束しました。

テイスティング
濃い紫がかったルビー色。
チェリー、アジアンスパイスの香り。
余韻は短く、ややあっさりしている。

飲んだ日:2018-09-22
飲んだ場所:魚介ビストロ sasaya BYO 品川魚貝センター
買った日:2018-09-22
買った場所:魚介ビストロ sasaya BYO 品川魚貝センター
価格:3,360円(ファインズ参考価格)
インポーター:ファインズ