ビール エチゴビール/ホップが躍る晴れ晴れエール

象が躍るパッケージが印象的。

もともと日本のIPAはすっきりしたものが多いですが、更にすっきりと飲めるIPA。

ビアデータ

ビール名:HOP GA ODORU HAREBARE ALE
生産地:日本 新潟県新潟市
生産者:ECHIGO BEER
アルコール:4.5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:エクアノット、ギャラクシー
タイプ:セッションIPA
価格:260円
インポーター:

ブリュワリー

地ビールが誕生したのは、1994年の酒税法の改正でビール製造免許を取るのに必要な最低製造量が大きく引き下げられたことで、中小の造り手によるビール製造が可能になったことがきっかけです。
このとき全国で一歩先んじてブルーパブを開き、地ビール第一号となったのがエチゴビールです。

1970年代後半から80年代にかけて、エチゴビールの創業者は日本を離れ欧州で演劇家をしていました。
イタリアのローマを拠点に舞踊などを学び、演劇や映画に出演する日々を送る中で、絵本作家のドイツ人女性と出逢いました。
バカンスシーズンは彼女の故郷レーゲンンスブルグへ遊びに行き、そこでドイツの豊かなビール文化を体験したのです。
そして後に、これを故郷の新潟から日本に広めたいと考えたのが、エチゴビールの起点です。
エチゴビールのトレードマークであるビールを片手に微笑む雄ヤギのイラストはその絵本作家の女性によるものです。
雄ヤギはドイツやチェコでは多産・豊作・商売繁盛のシンボルです。

エチゴビールは、この創業の物語と志を忘れず、日本さらに世界のビールという大きな舞台で、生き生きと演じる役者でありたいと願っています。
ここで働いている一人ひとりも、それぞれの人生という舞台で、夢を語り、ドラマの主役を演じています。
そして、飲み手であるお客様のドラマを、精一杯応援したいと思っています。

このビールは

「ホップが躍る晴れ晴れエール」は、アメリカ、ワシントン州産のホップ2種類(エクアノット、ギャラクシー)を使用し、ホップの爽やかな香りを楽しめるほか、軽やかさと豊かさを併せ持ち、食事にも合わせやすい、バランスの取れた味わいのビールです。

【開発背景】
新型コロナ禍によりストレスを感じやすい日々の中で、人気ビアスタイルのセッションIPAをより広く、家飲みや食卓で楽しんでいただくことで、ほっと前向きな気持ちになれるビールとして提案します。

【パッケージデザイン】
インド象が楽しく躍るようにホップ摘みを楽しみ、アライグマは象の背中でビールをこぼしそうになり慌てている、というユーモラスな情景を描いています。インド象はIPA(India Pale Ale)から、アライグマはアメリカで人気の動物ということからの連想です。
また、2種類のホップの産地であるワシントン州の象徴として、カスケード山脈の最高峰であるレーニア山を背景にデザインしました。

テイスティング

ブラウン黄金色。
ホップの香りは薄い。
非常にすっきりとした味わい。
薄くホップ感は少ない。
苦味も少ない。
余韻も短く、夏にすっきり飲むタイプかな。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!