• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

珍しいニュージーランドのビールであるサザン・アルプス

ビールのソムリエであるシスローンをニュージーランドで現在唯一持っている作り手。
薄めの味わいだがホップ感はあるビール。


ビアデータ

ビール名:DRY HOPPED PILSNER
生産地:ニュージーランド マールボロ地方
生産者:MOA BREWING
アルコール:5.1%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:Mandarina and Motueka
タイプ:ピルスナー
価格:650円
インポーター:カミマル株式会社

ブリュワリー

モア・ブリューイング・カンパニーは、ニュージーランドのマールボロ地方にあるニュージーランドの醸造所です。
2003年にワインメーカーのアラン・スコットの息子ジョシュ・スコットによって設立されました。
2007年元ハイネケンの醸造元であるデヴィット・ニコラスを雇いました。
2012年に事業は新規株式公開から財政的支援を受けました。
提案された醸造所が資源同意問題に関する長期にわたる交渉に苦しんだ後、最初の公募からの資金で独自の醸造所を建設する最初の計画は中断されました。
モアはその後、別の醸造所との契約を通じて生産を開始しました。

モアの経営陣および取締役は、2014年7月に株価が1.25ドルの上場価格から55セントに下落したため、ニュージーランド・ファンドのマネージャーであるミルフォード・アセット・マネジメントからいくつかの批判を受けました。

創設者のジョシュ・スコットは、ネルソン・マールボロ工科大学でブドウ栽培とワイン生産の卒業証書を取得し、2015年にニュージーランドで唯一のビア・ソムリエ資格〈Cicerone〉(シスローン)になりました。

このビールは

ドイツとキウイ(ニュージーランドの事)の両方のホップを使用したクラシックなスタイルのピルスナーを取り入れています。
マンダリナとモトゥイーカ・ホップのブレンドで、柑橘系のフルーツの香りと土の味を備えた、淡い麦わら色から金色のビールを生産しました
一年中完璧な味わいです。

テイスティング

うす濁り。
薄い蜂蜜の香り。
味は薄い。
酸味は少し。
ホップ感は少ないが、味を薄くしているのでホップが浮き上がっている気もする。
こういう作り方もあるのかと勉強になる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!