ベアードビールの季節限定ビール。

新年早々に季節限定で発売される大工さんのみかんエール
酸味のあるフルーツ感で思わずどんどん飲めてしまう危険なビール。
7%とアルコールも意外に高い。
そして値段も結構高い。

ブリュワリー

彼らの夢は、1997年に動き始めた。
この年、ブライアンとさゆりベアードは東京での仕事を辞め、ビール醸造を学ぶためアメリカのクラフトビール・ルネッサンスの中心地であるアメリカ北西部へ向かった。
2000年友人や家族の協力を得てベアード・ブルーイング・カンパニーを設立。

ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケット、OPEN
スタッフだけでお客さんのいない店。
タップルームをオープンしてから半年、店は静まりかえり、地元の人にも知られていなかった。
生き残るためには、もっと資金が必要だとわかる。

ベアード・ブルーイング・カンパニーは、醸造免許を取得し、2001年1月、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットでベアードビールの販売を開始する。
他のブルワリーのビールと異なり、ベアードビールは無ろ過で2回発酵させている。そのうちの1回は充填後。
自然発泡のビールだから、キンキンに冷やさず一番おいしく味わえる温度で提供している。

“渇いている東京市場”でベアードビールの販売を拡大するために、2003年、醸造所の拡張に取りかかる。
ベアードビール・ブランドのアートワークの夜明けである。
開発したのは、グラフィック・デザイン・アーティスト西田栄子さん。
今も、全てのアートワークがエイコさんの手で情熱的に制作されている。

新しい設備で醸造を開始したのは2006年1月1日。
その日は偶然にも、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットでベアードビールがデビューしてから5年目の記念日だった。
振り返ると困難なことの多かった5年だったが、一歩ずつ着実に進歩し続けてきた。
幸運にも、駿河ビール所有だった中古の1000L醸造設備を手に入れることができた。

ベアードビールの最初のコンテナが2008年アメリカへ旅立ち、輸出という冒険旅行が始まる。
その後、輸出先のパートナーと提携し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港などニッチなビール市場を開拓。
輸出先は、年々増え続けている。
5月、ベアード・タップルーム中目黒、OPEN
醸造量も余裕がもてるようになり、またタップルームを経営するノウハウも積み上げてきたので、東京地区でのタップルーム・ビジネスを拡大することを決定する。

2009年8月8月、ベアード・タップルーム原宿、OPEN
日本の居酒屋文化の代表・やきとりとベアードビールが楽しめる店。
和と洋を組み合わせたユニークなコンセプトが人気だ。
横浜馬車道にベアード・タップルーム、OPEN
関東で初めての、本格的アメリカン・スタイルのBBQが楽しめる店として2011年1月、オープン。
大きく赤くペイントされたJ&R製Smoke-Master Ovenがはるばるテキサス州メスキートから届いた。

2013年修善寺の新しい醸造所。
3年もの月日をかけて、沼津とその周辺を探し続け彼らの未来にふさわしい場所をついに見つけることができた。

このビールは

弾けるように爽快だが強さも感じるこのフルーツエールは、みかんのジューシーなアロマと甘酸っぱいフレーバーが特徴的で、ブルワーが厳選した柑橘系の個性を持つ数種類のホップとの相性も抜群である。

日本の職人魂が現在も受け継がれているのが、大工という職業だ。
このラベルには、ベアードの大工・長倉さんの戸田の実家のみかん畑が描かれており、その奥の山には「大工」という文字が彫られている。

このエールに使われているみかんは、ベアードの大工さん・長倉さんの実家・戸田で育てられた新鮮でジューシーなもの。
みかんエールがリリースされた後、タップルームに行ってみてください。
きっとおいしそうにみかんエールを飲んでいる大工さんに会えると思いますよ。
会えたら、声をかけて、感謝の気持ちを込めて、一緒に乾杯してください。

BREW SHEET

国:日本
アルコール:7.0%
初期比重:14.5
IBU(苦さ 平均15~20):40
モルト:フロアモルテッドピルスナー、ウィート、チョコレート
ホップ:生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
タイプ:フルーツエール
価格:750円

テイスティング

みかん、松ヤニの香り。
期待大な香り。
だがホップによるは苦味ほどほど。
フルーティー。
香りほど酸は強くないが、若干あり。
スッキリ。
アルコールの強さ感じさせずグィグィ飲めてしまう。
悪くないのだがホップヘッド(ホップ中毒)にはやや物足りない。