さりげなく軽井沢限定品だったヤッホーブルーイング軽井沢高原ビール 春限定

小麦を使用しているのでヴァイツェンのような香りと味わい。
限定醸造だからか気合が入っていて非常に美味しい。
通年でも飲みたいビール。

 

ブリュワリー

1980年代、軽井沢生まれの一人の若者が、アメリカに留学していました。
彼は、現地のパブで、ある種類のビールと運命的な出会いをします。それがアメリカの小規模醸造所(マイクロブルワリー)で作られたエールビールでした。
「日本で飲んできたビールとまるで違う!こんなビールがあったとは!」
エールビールの豊かな味と香りに魅せられた青年は、いつか日本でもこんなビールをつくりたいと考えるようになりました。
時は流れて1994年。日本でも小規模のビール醸造が認められることになりました。いわゆる「地ビール解禁」です。
その2年後、彼はヤッホーブルーイングという地ビール醸造所を設立し、第一号のビールとして「軽井沢高原ビール」をつくりました。
アメリカのパブでの出会いから15年以上の年月を経て、彼が見た夢が現実になったのです。
軽井沢高原ビールのコンセプトは「軽井沢を愛する気持ちから生まれた、軽井沢を愛する人のビール」。
ビールとしての味、香りを追及するのはもちろんのこと、ビールを買って飲むことで、軽井沢という美しい土地に貢献できるようになっています。2種類のレギュラービール、「ワイルドフォレスト」と「ナショナルトラスト」は、売上の一部がそれぞれ「軽井沢ワイルドフォレスト」「軽井沢ナショナルトラスト」に寄付され、軽井沢の自然や景観、文化遺産を守る活動を支援しています。
現在、軽井沢高原ビールは、軽井沢でもっとも愛飲されているビールとして、観光にいらっしゃるお客様や別荘のお客様に、飲食店、スーパー、お土産店等で選ばれています。

このビールは

ヤッホーブルーイングは新製品「軽井沢高原ビール 春限定」を軽井沢エリア限定で発売します。
長く厳しい冬が終わり、ようやく訪れる軽井沢の春をイメージしたベルジャンゴールデンエールという種類のビールです。
リンゴやプラムなどのフルーツを思わせる香りと、クローブやナツメグのようなスパイスのほのかな香りが調和しています。
パッケージには長野県の伝統工芸品である木彫細工「軽井沢彫」をイメージした満開の桜をあしらっています。
「軽井沢高原ビール 春限定」は、原材料の一部に地元軽井沢産小麦「ゆめかおり」を使用しています。
地元産の小麦を使うことで、ビールの口当たりが柔らかく仕上がるだけでなく、地産地消の活動にも取り組んでいます。

BREW SHEET

国:日本
アルコール:6.5%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:ゆめかおり
ホップ:
タイプ:ベルジャン・ゴールデン・エール
価格:315円
インポーター:

テイスティング

少し濁った黄金色。
バナナや小麦の香り。
フルーティでほのかにモルトの味わいと苦味。
ホワイトピールのようにスッキリしているがヴァイツェンのような余韻。
おいしいーーー!!!

時間が経って泡が落ち着くとクリアな色に。