今ではどこでも何かしらの種類が売っているコエド

限定版や季節ものも発売しておりますが、基本は地元の埼玉県川越市でしか飲めなかったりなので結構悔しい。
コエドの醸造所を見学した際にケグでしか販売していないLOOPを飲ませていただきました。

ブリュワリー

COEDOの母体である協同商事は、1970年代から「安心で安全で美味しい」をコンセプトに有機農業に取り組み、農の地、川越とともに歩んできました。
古くから川越には、土壌を健全に保つための「緑肥(=緑の肥料)」として麦を植えるという農法があります。現代の川越の農家の方々は土づくりのためと、麦は収穫せずに畑に鋤き込んでいました。
これを使ってビールをつくってみてはどうか?これがビール造りの着想の原点でした。
日本で独立した麦芽製造会社不在のなか、試行錯誤の末、川越の麦を麦芽にすることは断念しましたが、1996年、川越の大地で育まれたさつま芋を用いてビールを醸造することに成功しました。
この製品がコエドブルワリーが開発したはじめての製品※1であり現在の紅赤-Beniaka-につながるものです。
形などの理由から規格外品として廃棄をされてきた農産物をどのように有効活用するかというテーマが結実したものといえます。
川越の大地との関わりなくしてCOEDOは誕生していません。
私どもが農の一員として川越の地にいたことによる偶然と幸運に感謝しています。
※1 酒税法ではさつま芋がビールの原料として定義されていないため発泡酒となります。

1994年、規制緩和により小規模醸造に門戸が開かれ日本各地で「地ビール」が流行しました。
小規模なものづくりには修行を積んだ職人が必要です。しかし突如として誕生した地ビール業界では、職人不在のまま未熟な醸造技術で、「食品」ではなく「観光土産」として製品づくりを行う企業がほとんどでした。
当初は物珍しさも助けましたが、値段が高く、クセがあり、かならずしもおいしくないというネガティブなイメージが定着。
やがて地ビールブームは沈静化へと向かい、当時のコエドビールも少なからず打撃をうけました。
本物の職人のビール造りを学ぶため、1997年、ドイツから代々ブラウマイスターを家業とする4代目クリスチャン・ミッターバウアー氏を招き、COEDOの職人たちは、彼の下で5年間本場のビール造りを学びました。
ミッターバウアー氏から正統な職人気質を、技術的にも精神的にも継承し、基礎としているのがCOEDOの職人達です。
小さな醸造所だからできる職人の手仕込みによるものづくりと、ブラウマイスターから継承した正統なクラフトマンシップによって、2006年、COEDOは観光土産の「地ビール」としてではなく、「クラフトビール」という新たな概念を日本の皆さんにご提案しはじめました。
ビールのすばらしさと、COEDOの想いを「Beer Beautiful」という言葉に込めて、ビールの「伝道士」として、皆さんへビールとともにある人生の楽しみをお伝えしています。

COEDO Craft Beer 1000 Labo(コエドクラフトビール・ワン・サウザンド・ラボ)は、2015年7月、川越に開設しました。
この醸造所は1000ℓという小さいスケールで1000種類のビールを試作していく「ラボ」がコンセプト。
クラフトビールの世界をより深く知っていただくために、業界の垣根を越えたコラボレーションも推進しています。
また、埼玉県の飲食店経営会社、SLBカンパニーとのコラボレーションによるタップルーム「香麦-xiangmai-(シャンマイ)」を併設し、試作したクラフトビールをお楽しみいただけます。
2016年9月、緑豊かな自然の中で環境と一体になったサステナブルなクラフトビール生産活動のため醸造所を移転しました。
この醸造所は昭和50年代に建てられ企業の研修所として使われてきた美しい建築を改修したものです。敷地内に掘った井戸から醸造用水を確保し、醸造活動で排出される排水もブルワリーで浄化し自然に還しています。
また、排出される麦芽や酵母を科学者と農家の力を借り、良質な飼料として牛や豚に食べてもらうことで利活用する地域循環の仕組みにも取り組んでいます。

1996年に踏み出した小さな一歩は、現在では世界のコンテストでも高い評価を頂けるようにまでなりました。
職人達の勤勉で真摯な立ち振る舞い、日本的な繊細な感性は世界のビールファンにも受け入れられています。農と川越の地で生まれたCOEDOの背景から、さつまいもを原料とする世界でも出色の日本のビールである紅赤-Beniaka-が生まれました。
ビールの分野において日本人にできることを確信し、ジャパニーズ・クラフトビールとしてCOEDOを世界の人々にお届けします。

このビールは

深く澄んだ黒色にローストされたヘーゼルナッツの甘く香ばしい香りと重厚なロースト香が絶妙に絡み合う。
飲み口はミルキーでスムース、優しい甘みが感じられ余韻を長く味わえる。
このImperial Stoutは、チーズの生産過程で排出される乳清(ホエイ)を使用し、乳清に含まれる非発酵性糖である乳糖によるクリーミーさも楽しめる仕上がりになっています。
現在、COEDOでは醸造工程で排出される麦芽粕を脱水し、保存性を高めることによりサイレージ(発酵飼料)として乳牛・肉牛に供給し、リサイクルする取り組みをしています。
その麦芽粕サイレージを飼料として使用している、東京都八王子の磯沼牧場は、牛乳の他にもチーズやヨーグルトなどの乳製品を作っています。
今回は、磯沼牧場のチーズ工房で副産物として得られる新鮮な乳清を使用しました。産業廃棄物として廃棄されやすい、麦芽粕や乳清に新たな価値を見出し、コエドブルワリーと磯沼牧場で循環する資源の環を表しLoop(ループ)と名付けました。

 

BREW SHEET

国:日本
アルコール:8.0%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):50
モルト:Pilsner, Oats, Wheat, Kara Dunkel, Cara Munich, Roast, Sauer
ホップ:Warrior, Centennial
タイプ:インペリアル・スタウト
価格:
インポーター:

 

テイスティング

色は正に漆黒。
ホエイと言われると確かにそう感じるような酸味というかヨーグルトチックな香りがロースト香の中にある。
味わいもやや酸味がある。

私はちょっとワイルドな感じの味わいは悪くないと思ったのですが、一緒に飲んだ友人は「ビール界の自然派(ワイン)…」と話しており、お好みではなかった様子。