ビール モスクワ・ブリューイング・カンパニー/ジグリ バルノエ

最終更新日

ロシアで任務に就いたニュージー忍者からお土産で貰ったジグリ バルノエ

現地ロシアではどこでも売っている有名ビール。
ロシアンビールはいつもの様に薄めの味わい。

 

ビールデータ

ビール名:Zhiguli Barnoe(Жигули Барное)
生産地:ロシア
生産者:Moscow Brewing Company(Московская пивоваренная компания)
アルコール:4.9%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:ラガー
価格:170円(550mL)

ブリュワリー

2006年モスクワ醸造会社の設立。醸造工場の建設は、モスクワの都市ムィティシで始まります。
2007年MBC(モスクワ・ブリュワリー・カンパニー)の一員としての飲料部門の創設。
輸入ビールと飲料のブランドポートフォリオには、ペリエ、ヴィッテル、ペゴ・ジュース、ビールブランドのバドワイザー ブドバー、エルディンガー・ヴァイスビア、クラウスターラー、ハープ、ボンバルディアなどが含まれます。
2008年年間240万ヘクトリットルのビールを予定している醸造工場の第1段階を完成。
大手ドイツのビールブランドであるエッティンガーのライセンス生産開始。
2009年自社ブランドジグリ バルノエ、モスピヴォ、モスクバス、チェコのビールセルヴェーナ・シルカの生産開始。
デンマークビールのフェクセ・プレミアムの生産開始。 フランスのオランジーナの生産開始とドイツのエナジードリンクの販売。
2010年MBCの一環としての非アルコール飲料部門の創設。ゴリラ・エネルギードリンクの生産開始。
オーストリアジュースブランドのパゴの生産開始。
デンマークのブランドであるベアー・ビアーとアメリカのビールブランドであるクアーズライトの生産開始。
ジグリ バルノエがEFFIEのベスト・ブランド賞を受賞しました。
2011年ジュースベースの飲料デレブニャ・アントノフカとミントベリーのプロジェクト立ち上げ。
醸造生産の第2段階を開始し、年間400万ヘクトリットルのビールを予定しています。
日本ビールブランド「キリン一番」の生産開始。


ジグリ バルノエはヨーロッパ・ビール・スター・コンテストで金メダルを獲得しました。
2012年物流センターの立ち上げ。
ネスレ・ピュアライフウォーターの現地生産を開始。
自身のプレミアムビールブランドであるハモフニキの発売。
1リットルのジグリ バルノエスペシャルエディションの缶は、アーティストのヴァレイ・バリキン氏の芸術によるピンアップスタイルでリリースされます。
ジグリ バルノエは、モンテセレクション2012でゴールドメダル賞を受賞しました。
モスクワ醸造会社は「高品質の生産」部門で「2012年の企業」を受賞しました。
2013年パーシャ・プリヴァトナ・ブロヴァルナ、ウクライナのボックコブビールのライセンス生産。
エコフレンドリーなビールブランドロジニジ・ベレグの立ち上げ。
クヴァス・ヤコントの最初の製作。
ジグリ バルノエ・ブリュワリー・ビールの最初の充填。
試飲コンテストDLG(ドイツ農業協会 – Deutsche Landwirtschafts-Gesellschaft)で銀賞を受賞し、ハモヴィニキ・ピルゼンスコエとハルモヴィニキ・ミュンケンスコエはロンドンのインターナショナル・ビア・チャレンジ2013で銅メダルを授与されました。
米国モルソン・クアーズと協力してカーリング・ビールを発売。
ハモヴニキ・ブランドはペントアワードのパッケージデザイン専属の世界大会で銅メダルを受賞しています。


2014年ハモヴィニキ・ピルゼンスコエはドイツのDLGで金メダルを、ジグリ バルノエは銀メダルを、ハモヴニキ・ピルゼンスコエとハモヴニク・シェニクコエはモンド・セレクションで金メダルを授与されました。
ハモヴニキ・ミュンヘンスコエ、ハモヴニキ・ストロボエ、ジグリ バルノエ・バルカトノエはインターナショナル・ビア・チャレンジでブロンズメダルを授与されました。
ハモヴニキストエとトレゴノエ・ビールの発売。
ビールブランドの生産開始、オールド・マスター・ダイノエ、エール・モティ・シュメル、モスピヴォ・スラビアンスコエ。
ホランディア・ビールのライセンス生産。


2015年スコットランドの飲料IRN-BRUの生産開始。
エール・モティ・シュメルは、モンド・セレクションと国際醸造賞でゴールドメダルを授与しました。
トレゴルノエ・ビールはモンド・セレクションで銀メダルを授与されました。
ジグリ バルノエがアブソリュート・ブランド2015賞を受賞しました。
クルーザービールの発売。
1回目のベリー・エール・モーナティ・シェメル・ビール発売。
ハモヴニキ・アングリスキ・エール、ハモヴニキ・イルランドスキ・スタウト、ハモヴニキ・ボック・ビール、最初のシーズナル・ビールのトレゴルノエ・ロズデストベンキ・エールの発売。
試飲大会でハモヴニキ・ピルゼンスコエは金メダルを授与しました。
エール・モーナティ・シェメルとトレゴルノエ・オリジナルが銀メダルを受賞し、ジグリ バルノエが銅メダルを授与されました。
ボトル・コンディショニング・ビール「5オーシャン」の生産開始。
2016年ハモフニク・キャビネとセカンド・シーズンのビールの発売、トレゴルノエ・ヴェセニリ・ピルスナーそしてフィンランドのビールブランドルパン・カルタの生産開始。
ジグリ バルノエ・ノンアルコール・ビールの最初の発売。

このビールは

伝説のレストランであるジグリのビールは、20世紀の最高の伝統を体現しています。
厳選されたモルトと、ホップであるザテックの微妙な香りと、モスクワの都市ムィティシの柔らかい水がジグリのユニークな味に貢献して醸造されています。
特別に培養されたイースト酵母の使用だけでなく、21日間の特徴的な冷却期間はこのビールに豊かな味を与えます。

テイスティング

色は薄いのに香ばしい香り。
土のような香草のような香り。
味わいは薄く、寒い国なのでもっとコクがあってもいいのではないかと浅慮する。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!