飲んだワイン ガルシア・カリオン/ボデガス1890 アンディマール ブランコ アイレンN.V. 7点

最終更新日

300円台前半という非常に安いワイン。

味わいは案の定シャバシャバの分かりやすい白ワイン。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Andimar Blanco Airen
生産地:Spain > Mediterranean Region > Murcia > Jumilla
生産者:Garcia Carrion (ガルシア・カリオン)
品種:Airén (アイレン)
スタイル:White Wine

ワイナリー

ガルシア・カリオンはフミーリャを発祥の地とし、130年以上、5世代にわたって、卓越性を追求し、その品質をすべての人に届けるために日々努力しています。
現在、ワイナリーには 10 の DO と幅広い製品をカバーするドン シモン ブランドの名門ワインがあり、それぞれの食品市場で 1 位または 2 位を占めています。

ガルシア・カリオンは、ボデガス1890の設立とともに、フランスのブドウ畑を荒廃させたフィロキセラの影響によるワインの需要増に対応するために設立されました。
1968年の設立以来、ホセ・ガルシア・カリオンが経営に当たっています。
1997年、ホセとファラ・コルホの息子であるルチアーノがファミリービジネスに加わり、国際市場に大きな弾みをつけ、ガルシア・カリオンは世界150カ国以上で事業を展開するようになった。

ガルシア・カリオン家は、何をするかだけでなく、どのように、何のためにそれをするかという点でも、リーダー的存在である。
ファミリー企業として高品質の製品を開発する一方、バイオエネルギーなどの再生可能エネルギーの利用、生物多様性の尊重、安定した雇用の創出、天然資源の責任ある利用を最優先しています。

130年の歴史、5世代、そして企業理念によって、ヨーロッパで初めて、世界で4番目のワイナリーとなった、今日の私たちがあります。

市場を知り尽くしていること。
我が国には、ワインとジュースの両方で、ヨーロッパで唯一の原料があるという特権があるのです。
俊敏性、柔軟性、創造性、革新性。
そして何より、ガルシア・カリヨンを構成するすべての人々の献身と熱意です。

このワインは

ムルシア州フミーリャにあるボデガス1890は、ガルシア・カリオンが設立された年にちなんで名づけられたワインです。
そのワインは、6世代にわたって最も適切な文化的慣習を受け継ぎ、丘と谷のコントラストが美しいジュミーリャの土地に最高のブドウ品種を適応させてきた成果なのです。

主な品種はモナストレルで、降雨量の少なさに非常によく適応し、タンニンとポリフェノールが濃縮された類まれな品質を持つ高貴な品種です。
この伝統的な品種に加え、ガルシア・カリオンは、テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、メルローといった他の一流品種も栽培しています。

ワイナリーでの丁寧なワイン造りは、自然の品質をそのままに、発酵の工程でそれを高めることを可能にします。
熟成はアメリカンオークとフレンチオークの樽で行われます。

テイスティング

角のある柑橘系。
酸がしっかりあるフレッシュな味わい。
開けたてはわずかに微発泡気味。
シャバシャバ系の白ですが、気軽に飲める。

飲んだ日:2022-09-17
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2022-09-17
買った場所:ザビッグ
価格:327円
インポーター:コルドンヴェール

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!