• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

手が届くフランスの高品質白ワインと言えばこのワイナリー。

ホームパーリーでいただきましたが、中々のもの。

 

ワインデータ

ワイン名:Meursault Tillets
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Meursault
生産者:Olivier Leflaive (オリヴィエ・ルフレーヴ)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

1945年アンヌとジョゼフにとって新しいヴィンテージの始まりで、末っ子のオリヴィエが3月24日誕生。
この当時ドメーヌ・ルフレーヴは約20haの畑を所有。

1965年オリヴィエはランスの商業高等学院に入り、経済学士号を取得。
1972-1981年「私はアーティストになりたかった。」学士号の資格を手にしながら、オリヴィエは輝く未来より都会での自由奔放な暮らしをすることを選び、父の希望を見捨てて音楽の道へと進んだ。
彼は成人向けの会計講座の講師として働きながら、ミレイユのプティ・コンセルバトワールの仲間達と一緒にラジオやテレビ番組に出演した。
そのうちにディック・アンヌガルヌと、エルヴェ・クリスティアーニや、他の仲間のグループのマネージャーになった。
ラジオ・フランス・アンテールのジャン・ルイ・フルキエとジョゼ・アルチュールの番組の中で番組編成者にも抜擢された。
1974年目に入れても痛くない愛娘 長女オリヴィア 誕生。
オリヴィエパパ デレデレ。
1979年食べてしまいたいほど可愛い 二女ジュリ 誕生。
またもや愛娘にデレデレ。

1981年多くの失望があった年。
オリヴィエ、ブルゴーニュに帰ってくる。
1982-1994年叔父のヴァンサンといとこのアンヌ・クロードとともに、オリヴィエもドメーヌ・ルフレーヴの共同経営者となる。
1984年独学者から自力で成功した人は、音楽からワインへ活躍の場を移します。
ドメーヌ・ルフレーヴの共同経営者時代に、ワインの熟成と醸造の会社を設立するという考えが浮かび、1984年にオリヴィエ・ルフレーヴ・フレール設立。

1996年5月24日オリヴィエ、キャティ・エロワと再婚する。

1997年7月25日三女 マルゴ誕生 やっぱり目に入れても痛くないほど可愛い。
またまた愛娘にデレデレ。

2007年8月10日ついに男の子ヴァロンタン誕生 !男の子でもやっぱり食べてしまいたいほど可愛い愛息子に、またもやデレデレ。
2010年4月1日オリヴィエが引退することを決意(エイプリルフールではないですよ)。
でも彼は会社にとても愛着があるので、これからも関わっていくことにしています。

このワインは

生産地:11.99ha
標高 : 300-350m
ナルヴォーやレ・クルに隣接するティエのテロワールは、古い石切り場を覆っています。
ムルソーの泥灰質エリアでは、ピュリニーのスタイルに似たワインが造られています。
ワインの構造はエレガントで、花のようであり、少し角がある。
土壌 : 石灰質の粘土
ワイン生産方法:サステイナブル
収穫:100%手作業
私たちのセラーに到着したブドウは、すぐに空気圧式のプレス機で丁寧にプレスされます。
ろ過:あり
フィルター:珪藻土を使用
熟成:16ヶ月(うち4ヶ月はステンレススチールタンク使用
100%オーク樽(うち新樽20%)

テイスティング

黄金色。
柑橘系、ハチミツの香り。
ムルソーだけどムルソーっぽくない??
果実味があり、酸が程々。
バランスが良い。

飲んだ日:2022-05-23
飲んだ場所:チカチ
買った日:2022-04
買った場所:エノテカ
価格:8,250円
インポーター:エノテカ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!