• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

以前エシェゾーを飲んで美味しくてびっくりしたジャイエ・ジルですが、2017年に身罷られてこの作り手にワイナリーが譲渡されています。

当然ジルのエシェゾーも譲渡されていますが、既に4万円位するので手が出せない状況。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Bourgogne Hautes Côtes de Beaune Rouge
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune
生産者:Dom. Hoffmann Jayer (ドメーヌ・ホフマン・ジャイエ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ドメーヌ・ホフマン・ジャイエ(歴史的にはジャイエ・ジル)は、ブルゴーニュ地方のボーヌとニュイ・サン・ジョルジュの間にあるマニ・レ・ヴィレルに位置しています。
この村の特徴は、オート・コート・ド・ボーヌとオート・コート・ド・ニュイの分岐点であることです。

現在、エステートは10haあり、赤ワイン、特にコート・ド・ニュイのワインが中心となっています。
エシェゾー デュ・ドゥシュ、ニュイ・サン・ジョルジュ1erクリュ レ・ダモード、ニュイ・サン・ジョルジュ オー・ポワレ、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ、そしてブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌやブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイの白と赤で有名なワインを生産しています。

1950年代、ヴォーヌ・ロマネとマニ・レ・ヴィレルの2つのワイン生産者一族が結婚し、マニにある1886年創業のジル家の家にドメーヌ・ジャイエ・ジルを設立しました。
戦後の多くの農場がそうであったように、当時は混農が主流であった。
1958年アンドレ・ホフマンがスイス・バーゼルに生まれる。
1961年ブルゴーニュ地方のマニ・レ・ヴィレでジル・ジャイエ誕生。
1970年代、ロバートとポーレットのジャイエ夫妻は、特に機械化の進展とドメーヌ独自の醸造法の確立により、ドメーヌをブドウ栽培のみに特化させました。生産されるワインは、その卓越した品質が特徴です。
1991年ジルは両親の仕事を手伝い始める。
1998年ジルが事業を引き継ぐ。ワインメーカーとしての才能と自由な発想で、ワイン界で確固たる地位を獲得した。ワインへの情熱と生まれ故郷であるマニ・レ・ヴィレへの愛情により、ブルゴーニュのオート・コート・ド・ボーヌとニュイのアペラシオンを開拓し、熟成能力の高い力強いワインを生産する同世代のパイオニアの1人である。
2017年、子供のいないジル・ジャイエは、自分のライフワークを伝えようと、ブドウの木とワインに情熱を持つアンドレ・ホフマンにドメーヌを譲り、冒険の旅に出たのです。
闘病生活を送っていたジルは、2018年1月、惜しまれつつも事業を去りました。現在、ドメーヌ・ホフマン・ジャイエのオーナーはアンドレ・ホフマン、新しいワインメーカーはアンドレとジルが選んだ若いブルゴーニュ人、アレクサンドル・ヴェルネである。

このワインは

マニ・レ・ヴィレールのコミューンで、「アン・フォジェリー」と「レ・カステイング」という2つの異なる区画で生産されています。
表面積・1,01ha
標高と方角:アン・フォジェリーは355mで南向き。レ・カステイングは415mで南/東向き
土壌:アルギロ石灰質(砂質の軽い土壌と石が多い)、しばしば泥灰土層で、その斜面は石灰岩の小石で覆われている。
平均樹齢:70年、グイヨー剪定
密度:10,000本/ha、低木の植え付け
栽培方法:有機農法

手摘みで収穫された成熟したブドウは、選別後、100%除梗してタンクに入れられます。
ワインは10℃前後まで冷却される。
テイスティングによってパンチングダウンとポンピングオーバーを交互に行いながら、20日から25日間かけて醗酵させます。
デヴァタージュ、プレス、セトリング後、ワインは樽に入れられ、マロラクティック発酵を経て約18ヶ月の熟成に入る。
澱引きは1回のみ、瓶詰め前の濾過は行わない。
アペラシオンの2/3を樽で熟成、新樽比率は最大20%。1/3は砂岩のタンクで。
その後、ステンレスタンクで4〜6ヶ月間。
生産本数平均5,000本

テイスティング

ルビー色。
ベリーの香りがしっかりと漂う。
タンニンを感じる味わいでまだ荒々しい。
時間が経つともっと落ち着くのだろうか。

飲んだ日:2022-03-25
飲んだ場所:ピアット・デル・ベオーネ
価格:6,000円
インポーター:ワインプレスインターナショナル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!