飲んだワイン ボスコカステッロ/マリア・エレナ・シニバルディ ジェヌスタ2016 7点

最終更新日

ジェヌスタはラベルのイラストにあるようにエニシダの事ですね。

なんでエニシダなのかは不明ですが。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Azienda Agricola Maria Elena Sinibaldi Genesta
生産地:Italy > Lazio
生産者:Boscocastello (Maria Elena Sinibaldi)
品種:Moscato Bianco (モスカート・ビアンコ), Moscato Giallo (モスカート・ジャッロ), Pinot Bianco (ピノ・ビアンコ), Bellone (ベッローネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

1960年代に母方の祖父母であるマリアとアウグストによって設立され、その後、私の父であるジュゼッペが巧みに彼らの仕事を継続し、強化していきました。
同社は現在も、数人の情熱的な友人の助けを借りて、家族経営を続けています。
13歳の時、私はすでに畑やセラーの中で完全にくつろいでいました。
年々、美味しいワインへの情熱が高まり、ブドウの木からボトルまでを育てる経験を積み、近年ではI.G.T.(Indicazione Geografica Tipica)の認定を受けることができました。
今でも、そして何よりも今日、私は品質の選択として、何世紀にもわたってこの地に根付いてきたブドウの木を好んでいます。
おそらく、その絶対的な品質にもかかわらず、偉大なイタリアワインや国際的なワインのシーンではほとんど知られていないでしょう。
中には絶滅の危機に瀕したものもありましたが、辛抱強く接ぎ木や植え替えを行うことで、なんとか保存し神の思し召しで季節ごとに実を結ばせることができました。
常に私のワインを飲んでくださる方々の評価は、私の選択が正しかったことを確認させてくれますし、この素直で調和のとれたネクター「チョーチャーロ」を美味しいお酒を愛する方々の口に運ぶために、常に自分の仕事を改善していく励みになります。
同社は、アルタ・チョーカリアの田園地帯に没頭しています。
ピアーノのサンタ・マリア・ディ・プリアーノの丘(海抜470m)にあります。
冷たい北風から守ってくれる地中海の森の端に植えられています。
太陽の光を完璧に浴びることができ、一部は粘土が混じった房状の土の丘、一部は赤土と石灰質の土の丘で、土壌と微気候の完璧な組み合わせとなっています。
ブドウの木は “ピエヌ・フランコ “方式で栽培されており、生産性の低さや根の状態の悪さにもかかわらず、草のような香りや酸味のある後味を排除した、優れた品質のワインを生み出しています。
私は、家族の伝統から受け継いだ知識、教え、情熱をもって、粘り強くブドウの木を栽培し、手入れをして結実させています。

このワインは

モスカート・ビアンコ85%、ピノ・ビアンコとベッローネ15%
土壌:粘土質の葉脈を持つ房状の土壌
植栽密度:15,000本/ha
醸造:箱詰めされた手摘み収穫、破砕、除梗、24時間の果皮浸漬、ステンレスタンクでのアルコール発酵、6ヵ月間の熟成、さらに3ヵ月間の瓶内熟成

テイスティング

黄金色。
マスカットの甘い香り。
香りと裏腹にドライな味わい。
酸は強くない。
モスカートのワインは甘い香りとのギャップがあるが、魚介類との相性が良い。

飲んだ日:2020
飲んだ場所:プリモ
価格:2,500円(公式HPで7.5ユーロ)
インポーター:株式会社ディアス

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!