飲んだワイン ヴィニェディレオ/ヴェルディッキオ2019 7点

最終更新日

久しぶりに飲んだ気軽なイタリアワイン。

これまた久しぶりに飲んだヴェルディッキオは陽気なイメージのあるすっきりとした味わい。

ワインデータ

ワイン名:Verdicchio
生産地:Italy > Marche
生産者:Vignedileo (ヴィニェディレオ)
品種:Verdicchio (ヴェルディッキオ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

100年の歴史。
スタッフォロ出身のシマレッリ家とイエジ出身のパルパセリ家は、トレ・カステッリ(スリー・キャッスル)ワイナリーの1つであり、ワインへの情熱を共有する2つのワイン生産者家族の歴史です。
ヴェルディッキオのブドウの栽培と生産のそれぞれの農業事業は、現在の所有者の曽祖父が地元の市場にワインを販売する際に使用される機材と技術で自分のブドウを醸造するためにヴェルディッキオを植え始めた1世紀前にさかのぼります。

当時の伝統として、何年にもわたって家の土地とブドウ園は常に父から息子へと受け継がれてきました。
そのため、ワイナリーに生活が織り交ぜられ始め、成長と繁栄を遂げました。
当初、2つの家族は子供たちと家族同士の結婚で共に成長し、緊密に結びつき、家族はより団結し、共同事業の発展への道を開きました。
この組合は、ジェシからスタッフォロに2つのブドウ園をもたらし、1990年にそれらを統合したトレ・カステッリ(スリー・キャッスル)ワイナリーを立ち上げました。
イエジ、モンテカロット、スタッフォロの3つの異なる城にある独自のブドウ園は、歴史とワインの面で最も重要な場所としてよく知られています。

トレ・カステッリ・ワイナリーは、今日私たちが知っているように、1990年にレオナルド・パルパチェッリと配偶者のマリア・アデル・シマレッリによって両親と一緒に誕生しました。
ワイナリー周辺のブドウ園を集中して拡大するために、当時、彼らは家族経営のすべてを現在のスタッフォロに移していたため、すべての功績はこれら重要な2人が負っています。

レオナルドが1990年に亡くなったとき、彼の息子のエマヌエーレとジャン・フィリッポは自分たちのブランド「ヴィニエディエロ」を設立しました。
彼らの父の名誉で、もう一度家業を進め、今日でもそれを続けて、それを強力で革新的でダイナミックで現代的な次元に変えています。

これら2つの家族の歴史は、現在ファミリー・ワイナリーを率いる弟のジャン・フィリッポに隣接する、長男エマヌエーレが現在引き継いでいる主要な会社と地元のブドウのヴェルディッキオと非常に絡み合っています。
この歴史の人々とブドウ栽培の100年を伝えることは簡単ではなく、数行では不可能です。
今日働いているブドウ園の一部が、100年前にシマレッリ家が耕作していたのと同じ土地であると想像してみてください。
あなたが今日目にするワイナリーは、たくさんの歴史的な段階、多くの収穫、絶え間ない日々の仕事の結果です。
さらに、たくさんの満足感と達成感があります。
このため、各ワインボトルには独自の歴史があるため、ワイナリーを訪れて宿泊する必要があります。

このワインは

原産地:スタッフォロ地区、古くからの地帯
土壌:カルシウムが豊富な凝灰岩と砂/南向き
ブドウ:ヴェルディッキオ100%
繁殖システム:ギヨー
収穫:9月の最初の10日間に夜間収穫
収量/ヘクタール:140q/ha
ワイン造り:ソフトプレスの後、制御された温度での発酵はスチールタンクで行われます
精製:スチールタンクで4ヶ月

テイスティング

薄いレモン色。
開けたては微発泡。
洋ナシ、黄色い花の香り。
フレッシュな苦み。
ミネラル感は後半に感じる。
スッキリとした味わい。

飲んだ日:2020-11-14
飲んだ場所:Switch
価格:1,700円
インポーター:稲葉

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!