コンテドールはカルディで売っている安い泡。

1,000円以下で楽しめるので、気軽に買って気軽に飲めます。

 

ワインデータ

ワイン名:Contedor Gran Cuvée Brut コンテドール グラン・キュヴェ ブリュット
生産地:Italy > Veneto
生産者:Cantine Pirovano (カンティネ・ピローヴァノ)
品種:Garganega (ガルガーネガ)
スタイル:Sparkling wine(White)

ワイナリー

1800年代半ばにプーリアで靴の修繕屋だったアマディオ・ピロヴァノ(1824~1894)は、南イタリアの小さな農家から納入したワインのための居酒屋「ダ・ピロヴァノ」を開くいた。
彼の2人の息子のアントニオ(1859)とコスタンティーノ(1865)の誕生時に、父アマディオは居酒屋と同様の情熱を彼らに伝えた。
1885年に2人の兄弟は居酒屋の仕事を続けていたが、大きな成功を収めて店をレストランにした。
彼らはまた、アブルッツォとピエモンテの新しいディーラーにワインを供給することによって、ワインサプライヤーとしての範囲を広げ、徐々に主な活動がワイン卸売りにシフトしていった。

1910年2人は”ピロヴァーノ・アンティノ”と呼ばれるクラフト・ワイン作成を開始し、同社の経営陣は後にコスタンティーノの息子、アマディオとアンブロジオに移行しました。
1970年代にアマディオの5人の息子のうちの2人、コスタンティーノとファウストが経営権を引き継いで、会社名をカンティーネ・ピロヴァノに変更しました。
1990年コスタンティーノの長男、エンツォが同社に加わりました。

1995年活動の拡大に伴い、新たな運用スペースの建設が始まります。
1997年ピロヴァノ・セラーズは、オルトレポ・パヴェーゼにあるワイナリー「テッレ・ベンティヴォーリオ」(土地を愛するという意味)のブドウ畑を購入。

今日、世界市場での急激な変化の瞬間に、祖先と同じ熱意で仕事と伝統を受け継いでいます。
これは確約と献身と強い信念であり、それは第2次世界大戦に起因する経済的困難を克服するために、ファミリービジネスの成長と発展を望んでいた、4世代の物語をまとめたものだからです。(HP)

先祖の名前やお爺ちゃんと同じ名前を付けるのがイタリアでは普通なのでしょうか。
同じ名前が何度も出てきて混乱します。

HPではこのワインは出てこなかったので、別ラインなのでしょうか。

テイスティング

泡は荒い。
柑橘系、青リンゴの香り。
酸は強い。
苦み。

苦みが強く得意な味ではなかったが、暑い日によく冷やして飲めばまた違った美味しさがあるかもしれません。

飲んだ日:2018-06-07
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2018-06-07
買った場所:カルディ
価格:900円
インポーター:株式会社オーバーシーズ