飲んだワイン イル・ポッジォーネ/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2013 8点

最終更新日

持ち込みワイン会の終盤辺りに飲んだイル・ポッジォーネ

お値段こなれていながらも非常に良くできたワイン。
点数はポテンシャル込みです。
5年後にもう一度飲みたいワイン。

ワインデータ

ワイン名:Brunello di Montalcino
生産地:Italy > Toscana
生産者:Tenuta Il Poggione (テヌータ・イル・ポッジォーネ)
品種:Brunello (ブルネッロ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1800年代の終わりに、フランチェスキ一家は、トロメイとキアの伯爵とともに、地所の金の登録簿に自分の名前を入力しました。
フランチェスキの最大のメリットは、この地域のワイン醸造の可能性と、そこで常に栽培されてきたサンジョヴェーゼを直感的に理解できることでした。
彼の会社経営は、ほぼ中世スタイルの農業から、近代的な方法と起業家精神を備えた行動への移行に特徴づけました。
高品質の生産により適したサンジョヴェーゼの新しいクローンが選択され、新しいブドウ畑が開墾されより多くの土壌に植えられました
これは非常に価値のあるワインを生産するために適しています。
会社のセラーも、当時の最先端のテクノロジーを使用して構築されましたが、伝統と典型性を見失うことはありませんでした。
1世紀以上が経過した後も、ラビニオ・フランチェスキの仕事は相変わらず彼の後継者であるレオポルドとリヴィアの手本であり、彼らは同じ責任をもって会社を経営し続けています。
変わらない情熱、古代の賢明なワインの伝統と最も革新的な技術を組み合わせたものです。

テヌータ・イル・ポッジォーネは現在、モンタルチーノの自治体で最大の農場の1つです。
管理地は約600haに及び、125haのブドウ園、70のオリーブ畑、耕作地と森に分かれています。
偉大な赤ワインを作る秘訣は正確さであり、会社の主な哲学はブドウ畑に細心の注意を払うことです。
ブドウ畑での注意深い仕事が大切です。
ワイナリーは常に、さまざまな作物とブドウ畑を交互に使用して、多様化農業を実践してきました。
最近設置された太陽光発電パネルのセラーの屋根は、ワインの環境への影響を低減します。
典型性の保護と品質の向上という絶え間ない取り組みの中で、ワイナリーは研究と選択を生産の大幅な削減と組み合わせています。
さらに、房の間伐、ブドウ園の健康状態の継続的なモニタリング、土壌の栄養要件の継続的な管理を通じて、最も困難な年でも優れた製品を得ることが可能です。

ワイナリーでは、収穫は完全手摘みで行われ、醸造は伝統的な方法に従って行われますが、最新の最先端技術を使用しています。
会社の中心部に2004年に建てられた新しいセラーは、温度制御のための高度な技術があり、水中キャップ発酵技術も導入されました。
後者は、ブドウの皮に存在する着色物質の濃度を大幅に増加させることができます。
赤ワインの熟成は、大きなフレンチオークの樽を地下5メートルにあるセラーに保管しています。

このワインは

手摘みで、樹齢20年以上のブドウ畑から収穫されたサンジョヴェーゼのブドウのみを使用して生産されています。
慎重に温度管理された発酵の後、フレンチオーク樽で36か月間熟成させます。
樽熟成後、ワインはボトルで洗練された期間を費やします。
これは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを世界中で有名にした快適さと複雑さを保証するために不可欠です。

テイスティング

ルビー色。
チェリー、赤い果実、コーヒーがほのかに香る。
スパイス感もあり、タンニンも程々。
お値段の割に完成された美味しさ。
後5年先に飲んだらもっと美味しくなっていると思われる。

飲んだ日:2020-03-07
飲んだ場所:ピアット デル ベオーネ
価格:5,500円
インポーター:ジャパンインポートシステム

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!