飲んだワイン ピアン・デッロリーノ/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2013 9点

最終更新日

初めて飲んだピアン・デッロリーノ

ビオディナミでうんたらかんたらという紹介文をネットで読んだので自然派系かと思いきや、全然違くて非常にまろやかで美味しい。
イタリアは全然飲んだことが無いので貴重な体験。

ワインデータ

ワイン名:Brunello di Montalcino
生産地:Italy > Toscana
生産者:Pian dell’Orino (ピアン・デッロリーノ)
品種:Sangiovese Grosso (サンジョヴェーゼ・グロッソ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ピアン・デッロリーノは、カールスルーエのヤン・ヘンドリック・エルバッハと南チロル出身の妻キャロラインによって設立されました。
ビオンディ・サンティのすぐ近くにあるこのワイナリーは、モンタルチーノの伝統的な土壌に立っています。
ヤンはバーデンでワイン生産者としての見習いを経て、ガイゼンハイムでブドウ栽培を学び、数年間フランスを旅しました。
そこから彼は栄光のモンタルチーノに行き、そこで妻のキャロラインだけでなく、トスカーナのユニークなワインの風景にも恋をしました。
憧れの場所が発見され、それとともに人生の使命は、世界クラスのブルネッロ・ディ・モンタルチーノを生み出すことになりました。
この土壌は、化石、石化した貝殻、風化した石灰岩の堆積物によって特徴付けられ、トスカーナの起源の豊かな地質学的多様性と歴史を物語っています。
夫婦は、モンタルチーノの他の誰よりも土地を重要と考えました。
彼らは独自の地質図や地形図も作成しました。
テロワールをよりよく理解するためです。
これは、このような伝統的で輝かしいワイン銘醸地のトップになるための最初のステップでした。
次のステップは、有望な土壌を活力のある状態に保ち、その多様性を維持することです。
化学的殺虫剤を使用せず、鉱物肥料が貴重な土壌に届くことはありません。
ビオディナミは、ここでは、有機およびデメテル認証を含むすべての作業領域で実践されています。
モンタルチーノの中心であるサンジョヴェーゼ・グロッソだけがここで栽培されています。
収穫量が大幅に低下するため、ブドウの木は1本のワインだけを生産します。

このワインは

ブドウ品種:100%サンジョヴェーゼ
栽培:自然に近い
拡張:42か月のトノー/スロー。 オーク樽
熟成:木樽
ろ過:なし

テイスティング

明るい赤。
レッドチェリー、バルサミコオイル、甘いスパイスの複雑で強い香り。
果実味があり、厚みのあるリッチなフレーバー。
スモーキーさも。
タンニンはまろやかで、余韻が長い。

飲んだ日:2020-03-07
飲んだ場所:ピアット デル ベオーネ
価格:12,000円
インポーター:ヴィントナーズ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!