飲んだワイン フェライニヒテ・ホスピティエン/ゼリガー・シュロス・ザールフェルザー・シュロスベルク リースリング アイスワイン1989 9点

最終更新日

甘いリースリングの年代物は高価なので憧れだったのですが、フェライニヒテ・ホスピティエンを遂に飲むことができました。

慈善団体が事業継続のために運営しているワイナリーです。
ドイツの甘口年代物は中々すごい。

ワインデータ

ワイン名:Serriger Schloss Saarfelser Schlossberg Riesling Eiswein
生産地:Germany > Mosel
生産者:Vereinigte Hospitien (フェライニヒテ・ホスピティエン)
品種:Riesling (リースリング)
スタイル:White Wine

ワイナリー

授与されたワイン農園フェライニヒテ・ホスピティエン(慈善協会)は、ドイツ最古の都市、旧ローマ帝国の住居でモーゼルワインの中心であるトリアーの中心部に位置しています。
彼らのワイナリーへの入り口だけでなく、私たちのラベルの彫刻を飾る聖ヤコブの姿は、彼らの商標です。

これは、サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう途中の巡礼者が避難所を見つけた聖ヤコブの寺院を指します。
その後、寺院は貧しくて病気の避難所を提供しました。
1804年にナポレオンによって設立されて以来、ワイナリーは社会的義務のある寄付機構の一部です。
聖ヤコブ寺院も含むこの財団では、今日、さまざまな社会的施設が一緒に存続しています。
これらは、高齢者の看護とケアに焦点を当てており、依然として一部はワイン農園の収入から資金を得ています。
総面積約25haのブドウ園は、ザールとモーゼルにあり、主に急斜面にあります。
作業と保守が非常に困難です。
しかし、これらのユニークな区画は、素晴らしい個性と並外れた品質のワインを提供します。
それらは、財団設立の過程で受け取った、放棄されたトリアー修道院のワイナリーに一部由来しています。

リースリングは1464年以来ここで栽培されています。
その栽培は聖ヤコブ寺院の会計帳簿に記録されています。

他の記述では、彼らはモーゼル川からローマ人まで年代を遡ることができ、特にリースリングの栽培に関連するワインの栽培から切り離せません。
モーゼルでのリースリング栽培の最古の書面による証拠は1464年のものです。
これは、聖ヤコブ寺院の会計帳簿に記載されていました。
現在、リースリングは彼らのポートフォリオで最も重要な品種です。
それは赤のピノ品種の人気が高まっているにもかかわらず、彼らはブドウ園で栽培しています。

さらに、幸運にもドイツ最古のワインセラーがあり、その起源はローマ・トリーア時代の西暦330年に遡ることができます。
VDPとヨーロッパ資産管理局の創設メンバーとして、今日の彼らは、文化的、歴史的遺産、そして現代の原則で維持されています。
ワイン業界の記者は、モーゼル・ワイン地域の主要な生産者の1つとして彼らの事を何度も記事にしています。

下段右端。

このワインは

シュロス・ザールフェルザー周辺のこの素晴らしい場所は1912年から1914年に植えられました。
スパークリングワインの生産者アドルフ・ワグナーは、新しく建てられたシャトーの周りに12haに75,000本のブドウを植えました。
彼はオークションでブドウ畑の土地を取得しました。
シャトーの売却後、モノポール区画全体が完全にフェライニヒテ・ホスピティエンの管理下にありました。
リースリングは、エキゾチックなフルーティーな香りで充実しています。

テイスティング

正に蜜の香り。
柑橘系の果実をドライフルーツにして溶解度いっぱいまで溶かした感じ。
凝縮した甘い果実の香り。
甘いが酸があり非常に美味しい。
食後や眠前にチビチビ飲みたい良いワイン。
歯磨き必須。

飲んだ日:2020-02-23
飲んだ場所:ワインマーケットパーティー
価格:18,000円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!