ビール マジック・ロック/デイリーフリーク

最終更新日

以前の可愛い缶の絵柄から一気に幾何学的に変更になったハイワイヤー

2011年から始まったこの醸造所は一気に人気を集め、現在では色々な場所で見ることができるビールになりました。
これは甘すぎて好みではありませんでした。

ビアデータ

ビール名:DAIRYFREAK
生産地:イギリス マンチェスター
生産者:MAGIC ROCK
アルコール:5.2%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:Aromatic, Carafe Spezial, Crystal, Crystal Rye, Dextrin, Double Roasted Crystal, Golden Promise, Oat
ホップ:Magnum T90
タイプ:ミルク・アイス・ポーター
価格:520円(350mL)
インポーター:ウィスクイー

ブリュワリー

地元の醸造の伝統と活気に満ちたアメリカのクラフト・ビール・シーンに触発されたマジック・ロック醸造はビールに対する生涯の情熱の集大成です。
リチャード・バーハウス(醸造長スチュアート・ロスに支援された)は、2011年にウエスト・ヨークシャーのハダース・フィールドにあるファミリー・ビジネス(水晶と天然ギフトの輸入業者)の古い建物の中で醸造所を始めました。

独特の主な種類と共に、革新的な品質主導のアプローチで、移り変わっていく特有のビールのラインナップを作り出します。
彼らの「同じだが違う」ビールには、挑戦的で刺激的な、強くて親しみやすい風味が詰まっていますが、とりわけバランスが取れていて飲みやすいままです。

米国のビール文化を反映し、英国のビールシーンを向上させたいという願望に沿って、地元デザイナーのリッチ・ノルゲートは、伝統的なものに飽きたビール醸造者の新しい波に共鳴する現代的なブランドを創り出すよう依頼されました。
それがこのブリュワリーのビールの風景です。

彼らのビールに対する最初の反応は予想を上回り、独立した格付けサイトRateBeer.comで2012年に最初の6か月で世界で2番目に良い新しいビール醸造所に投票されました。
需要を満たすために、2011年10月と2012年1月に追加の発酵容器が追加され、初年度に容量が2倍に増加しました。

2015年、ビール醸造所は町の中心部から徒歩10分以内のハダース・フィールドのバークビーにある新しい施設に移転しました。
この施設には、4,000平方フィートのタップルームと自動缶詰施設があります。
また、50hlの醸造システムと追加の発酵槽の設置により、醸造作業の拡大も促進されました。
その間生産量は3倍に増え、現在は年間15,500hl pa(2.7百万パイント)に達しています。

彼らのビールは現在英国中で楽しまれており、世界25カ国以上に輸出されています。
ビール醸造所、流通センターおよび彼らのビールが週6日味わうことができるオンサイト・タップルーム「マジック・タップ」に35人のスタッフを雇っています。
タップルームでは、週末に屋台の食べ物やツアーを開催しており、6月に開催される「セッシュ・フェスト」の招待セッションを含む、年間を通して定期的にコミュニティ・ベースのイベントを開催しています。

細部にまで細心の注意を払い、可能な限り風味豊かで活気に満ちた、満足のいく、一貫性のある優れたビールを作るように努めています。
彼らは自分自身を飲むのが大好きで、誰にでも役立つことを誇りに思っています。
この目標を達成するために最高の設備、最高のトレーニング、そして最高の手順に投資し続けます。

地元のビール伝統や世界のビール業界の仲間たちからインスピレーションを得て、常にお客様へ味のある体験を提供するよう努めています。
人々をビールの風味の可能性に興奮させ、魅了し、教育すること。
貴方は当たり障りのない、無味の、または矛盾するビールのために時間を割いてはいけないと彼らは理解しています。

私たちのビールはカスクと樽で利用できます。

マジックの世界へようこそ…

このビールは

最新のコラボレーション・ビールは、1961年以来ユニークでおいしい「ミルク・アイス」のメーカーであるハダーズ・フィールドのディクソン・ミルク・アイスとの提携です。
このお気に入りの地元のおやつに敬意を表して、ゴールデン・プロミス、クリスタル、カラファ・モルトを使用して、軽いモルトと色を加え、ピンヘッド・オートとオート・モルトを使用して、滑らかでビロードのようなボディに仕上げています。
次に、発酵前に乳糖を加え、懐かしく甘く乳白色の風味を出すために少しプレミアムなマダガスカル・バニラを加えました。
ミルクアイスのような味です!

テイスティング

香り薄い。
ややコーヒー香。
甘い。
乳糖入りまくりだろうか。
コーヒー感もあるのだが、甘さでマスクされてしまう。
ちょっと人工的な甘さで得意な味ではない。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!