飲んだワイン シャトー・フィジャック1986 判定不能

最終更新日

公式HPでも伝説のヴィンテージと言っている1986年のフィジャック

飲んだ年代物の中でも香りに懸念がありました。
ワインを輸入している友人忍者に聞いたところ「フィジャックは結構傷みやすい」との事で、温度管理などはかなり気を遣うとの事でした。
これが普通なのか痛んでいたのか飲んだ数が少なく判断が難しい。

ワインデータ

ワイン名:Ch. Figeac
生産地:France > Bordeaux > Saint Émilion
生産者:Ch. Figeac (シャトー・フィジャック)
品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイル:Red Wine

下段真ん中。

ワイナリー

シャトー・フィジャックはサン・テミリオンの最初の格付けで1級を獲得し、偉大なボルドーワインの優雅さと洗練を提供します。
ワイナリーの土地は驚くべきものであり、その傑出したテロワールとその歴史はサンテミリオンの歴史と密接に関連しています。

2世紀には、フィジャクスという名前の家族が、現在のシャトーと大邸宅の敷地にガロ・ロマンの別荘を所有し、名前を付けました。
歴史家によると、これはフランスのロット県にあるフィジャックの町の起源であった同じ家族です。

古代の鳩のロフトの名残は、中世にはこの大きな農園が貴族の家だったことを思い出させてくれます。
シャトーは多くのドアと低くて狭い窓を保存しており、1000年頃のものとすることができます。

15世紀、フィジャックはサンテミリオンの5つの貴族の1つであり、当時オーソンを所有していたレスクール家から、カゼス(またはデカゼス)家の手に渡り、17世紀に結婚してカール家に伝わりました。

この長い伝統のいくつかの特徴は、地域の歴史だけでなく、フィジャックの歴史にも足跡を残しています。
フィジャックの領主、リブルヌの治安判事であり、影響力のある人物であるレイモンド・ド・カズは、宗教戦争中にシャトーが焼失した後、1586年に古典的なルネサンス建築様式で再建しました。
2代目のセラーは、当時の中世の建物であり、大きな中庭の柱、シャトーの左翼の塔、窓のマリオンの要素など、目に見える歴史的な建築物が数多くあります。

1654年のマリー・ド・カズの結婚により、フィジャックの高貴な土地はカールの手に渡りました。
カールズはこの地域で非常に影響力があり活動的で、多くの財産を所有していました。
彼らは、リブルヌ地域の近代的なブドウ栽培の始まりに積極的に参加しました。
彼らの鋭い商業的感覚により、彼らはパリとヨーロッパ北部で顧客を開拓することができました。

この素晴らしい家族によってもたらされた改善は、今日の訪問者が最も賞賛するものです。
エレガントな18世紀のファサード。
名誉裁判所の柱は木製のグリルで結び付けられており、炎の装飾に覆われています。
そして帆の波がフィジャックのワインを海外へと出荷する様を呼び起こすペディメント(日本建築の「破風(はふ)」に該当)があります。

大陸封鎖の結果として経済危機が発生したとき、カールズ・トラジェット伯爵夫人はフィジャックの土地の一部を売却しました。
この土地の一部には、1832年に割譲されたシュヴァル・ブランが含まれていました。
フィジャックとその130ha(321エーカー)は、1838年に販売されました。
その結果フィジャックは、50年間にわたって7人の所有者を抱えていました。

1892年にマノンクール家の祖先がこの土地の中心(その傑出したテロワールを構成する3つの有名な砂利層)を取得し、フィジャックのワインエステートとしての使命を明確に確立しました。

ティエリー・マノンクールの曾祖父であるアンリ・ド・シェヴルモンは、フィジャックを買収し、ブドウ園を構築し、セラーにオーク樽(農園の木材から供給)を備え、有力な農業技術者のアルバート・マッキンに農園の管理を委任し、シャトー周辺の新種の植物を発見しました。
彼がブドウ畑とワイン造りに科学的アプローチをもたらし、フィジャックの景観に新しいユニークな側面をもたらしました。

1907年には、アンリ・ド・シェヴルモンの紋章付きの有名なシャトー・フィジャック・ラベルが作成されました。
それはその後進化しましたが、そのユニークで認識しやすいデザインを維持しました。

マノンクール家が1892年にワイナリーを取得した後、フィジャックは主に農業技術者によって管理されていました。
しかし、ティエリー・マノンクールが最初のヴィンテージを作った1943年に、フィジャックの復活の時代が始まりました。
ティエリーはその年、フィジャックのテロワールの大きな可能性に気づき、パリジャンである母親にこの地所に留まるよう促しました。
その後、1947年に大学を農業技術者として卒業した後、彼はフィジャックに定住しました。
彼は、フィジャックのユニークなテロワールのすべての詳細を理解しようとして、ブドウの世界をさまよい続けました。
彼は良いものと考えた伝統だけを守り、ワインの栽培技術を改善しました。
彼の科学的アプローチは、偉大な革新者としての評判を獲得しました。

1955年、シャトー・フィジャックは格付けで1級を獲得しました。

ティエリーは多くの決定的な選択をしました。
フィジャックが30%メルロー、35%カベルネ・フラン、35%カベルネ・ソーヴィニヨンという独自のブドウ組成を獲得したのは彼のおかげです。

彼の妻であるマリー・フラン・マノンクールがフィジャックの運営に加わりました。
彼らは一緒に土地の生物多様性を慎重に維持しながら、ワイナリーを開発し改善しました。

今日私たちが知っているフィジャックは、彼らのビジョンによって形作られました。

彼らは世界各地からの訪問者を暖かく歓迎し、広く旅行しました。
1960年代までに、フィジャックは米国ですでに知られていました。
1970年代までに、アジア(日本、香港、シンガポール)で有名になりました。

1971年、新しい大広間とセラーを建設した後、ティエリーは「サンテミリオンのファラオ」と呼ばれるようになりました。

彼は1964年から1988年までの最初のサンテミリオンの治安判事でした。
彼はまた、時間とエネルギーをボルドーのワインを世界中に広めることに費やしました。

フィジャックは現在、ボルドーの主要な財産の1つになりました。

1980年代までに、シャトー・フィジャックのワインは世界中で認められました。
ロールとエリック・ダラモン(ティエリーとマリーの娘と義理の息子)は、彼らの力となるためにフィジャックに定住しました。
徐々に、エリック・ダラモン伯爵が土地の運営管理を引き継ぎました。
彼の使命の一部は、ビジネスの長期的な継続性を確保しながら、より現代的で構造化されたタイプの管理を導入することでした。
彼は2012年までゼネラルマネージャーを務めていました。
これは、ユニオン・デ・グランクリュのメンバーとして長いプロモーションの期間であり、新しい市場の開拓でした。

フレデリック・フェイがフィジャックに到着したのは、2002年のこの時期でもありました。
彼の加入は、フィジャックの成功を最初に推進したワイン栽培に対する科学的、定性的アプローチを継続し、発展させるという家族の決意を示しています。
農業工学の卒業生であるフレデリックは、ティエリーと並んで、ブドウ畑の隅々まで知り合い、すぐにフィジャックの精神を受け継ぎました。
彼はすぐに非常に意欲的なスタッフの頭に立ち、新鮮なエネルギーをもたらし、新しいスキルを導入し、幅広いプロジェクトを立ち上げました。

2010年8月に亡くなるかなり前に、ティエリーは、彼が施設で導入し開発したスキルと価値を伝えることに注意を払っていました。

現在、マノンクール夫人と彼女の娘たちは、高度に熟練したワイン生産チームによって十分にサポートされており、フィジャックの長期的な継続性を保証することにこれまで以上に熱心です。
彼らはその精神と知識共有、革新、卓越性、そしてこのユニークな財産が毎日運営されている方法の中心に常にある温かい歓迎の価値を維持するよう注意しています。

このワインは

その血統のスタイルで、シャトー・フィジャックはボルドーの偉大なワインの優雅さを象徴しています。

ワインの個々のキャラクターは、ガンジャンの3つの砂利が特徴の傑出した複雑なテロワールから引き出されています。
カベルネ・ソーヴィニヨン35%、カベルネ・フラン35%、メルロー30%のブドウの組成から作られ、そのカベルネの大部分はその特徴の1つです。

そのユニークなスタイルは徐々に見えるようになり、時間とともに発展します。

2001年などの一部のヴィンテージは、最初の年に楽しむことができます。
しかし、シャトー・フィジャックは何年も熟成する能力があると認められています。
1943、1947、1949、1950、1953、1955、1959、1960、1961、1964、1970、1971、1975、1982、1983、1986、1989、1990、2005、2009、2010などの数々の伝説のヴィンテージがあります。

テイスティング

少しだけ枯れた色。
土の香り。
やや香りが?
傷んでるとまでは言わないまでもギリギリな刺激香が。
タンニンはまだしっかり。
香りが気になってグッとこなかった。
でも元々フィジャックはこんな香りだったかも?

飲んだ日:2020-02-23
飲んだ場所:ワインマーケットパーティー
価格:29,700円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!