飲んだワイン ドメーヌ・ジャック・プリウール/ヴォルネイ サントノ プルミエ・クリュ2005 9点

最終更新日

1990年より醸造にナディーヌ・ガブリン女史を加えてますます盤石になったジャック・プリウール

ミュジニーやモンラッシェ、モノポールまで持っている豪華絢爛なワイナリーです。
いつか全部順番に飲んでみたい。

 

ワインデータ

ワイン名:Volnay Santenots 1er Cru
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Volnay
生産者:Dom. Jacques Prieur (ドメーヌ・ジャック・プリウール)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ドメーヌ・ジャック・プリウールの神話的な物語は、1868年2月24日に、クロード・デュヴェルジェ(22歳)とマリー・タブロー(19歳)のブリニー・レ・ボーヌでの結婚式から始まりました。
マリーは1848年にブリニーで生まれ、クロードは1845年にムルソーで生まれました。
両親はワイン生産者でした。
クロードは、最初はブドウ栽培に直接投資することなく、ドゥヴェルジー・タブロー・ハウスを設立し、ワインとスピリッツの貿易で繁栄しました。

1879年、彼は現在のドメーヌの中心であるムルソーにある「レ・エルボー」のワイナリーを取得し、ブドウ畑の購入を開始しました。
彼はその後、コート・ドールに恐ろしいフィロキセラがやってくると危険な賭けをしました。
しかし、彼の選択である治療法としてのアメリカのブドウ樹の接ぎ木のおかげで、最終的に彼は先見の明があることが分かりました。

1889年、有名なクロ・デ・マズレ・モノポール(ムルソー)、ヴォルネイサントノの区画、4.5haのクロ・ヴージョ、シャンボール・ミュジニーの2ロットを取得しました。

1890年、ヴォルネーの有名なクロ・ド・サントノの唯一の所有者になりました。
1891年1.5haのピュリニー・モンラッシェ レ・コンベットと1892年0.45haの伝説のモンラッシェ(特に「ダン・ド・シャン」区画で補完)。
その後、彼は1890年に妻のために買ったシャトー・ド・ブリニーで貿易事業を営みました。

直接の相続人がいなければ、両方の配偶者はタブロー家の側に目を向けるでしょう。
1891年にエレーヌ・タブロー(マリーの娘)とボーヌ出身のアンリ・プリウールと結婚しました。
彼らはいくつかの商品を含む非常に有利な結婚契約から利益を得ましたが、特にドゥヴェルジー・タブローとの貿易で利益を分配するという約束がありました。
ジャック・プリウールは、1893年1月31日に、エレーヌとアンリの組合から生まれました。

1895年ミュジニーでの新たな買収と、クロ・ヴージョの区画とシャンベルタンとシャンベルタン・クロドベーゼの区画との交換により、この地所は成長を続けました。
1899年クロード・デュヴェルジェはそのコレクションにヴォルネイ・シャンパンを、1907年にはシュヴァリエ・モンラッシェを加えました。
彼は1920年3月9日に亡くなり、彼の財産をすべてジャック・プリウールに遺贈しました。

1924年、ジャック・プリウールとコント・ジュール・ラフォンは、村のすべてのワイン生産者とともに収穫の終わりを祝うために有名な「ポール・ド・ムルソー」を設立しました。
マリー・デュヴェルジェ・タブローは1935年に亡くなり、その地所をジャック・プリウールに任せました。

伝説的なシュヴァリエ・デュタステヴァンの共同創立者であり、1956年に彼の名前をこの地所に与えました。
彼は1965年に亡くなり、妻は1974年に亡くなり、ワイナリーは6人の子供たちに任されました。

1988年、外国人株主へのワイナリーの販売を避けるため、フランスの5つの重要な家族、特にラブリュエール・ファミリー、ワイン生産者、南ブルゴーニュの起業家が団結しました。
1990年代には、コルトン・ブレスサンズとコルトン・シャルルマーニュのグラン・クリュが、地所のテロワールのモザイクを豊かにしました。

今日、ブルゴーニュのこの宝石を率いるラブリュエール・ファミリーは、プリウール・ファミリーの相続人に支えられ、世界中でブルゴーニュの偉大なテロワールを毎日促進し、擁護しています。

このワインは

0.56ha
ムルソーのコミューンに位置するこのブドウ園は、ピノ・ノワールが植えられた場合はヴォルネイ・サントノ1級赤ワインを、シャルドネが植えられた場合はムルソー・サントノ1級白ワインを生産する権利があるという点で珍しいです。
この非常に日当たりの良いテロワールは、顕著なブーケとエレガントなタンニンを持つ魅力的なワインを生産します。
100%マロラクティック発酵
オーク樽で100%熟成
熟成期間:16か月。

2005年は世紀のヴィンテージ。
成長期を通じて天候は完璧でした。
これは、2005年がかなり素晴らしい年である理由を説明しています。
赤ワインは非常に純粋で力強く、濃縮されています。
これらは素晴らしい熟成の可能性を持つ素晴らしいワインであり、待つ価値が十分にあります。
忍耐は豊かに報われます。

テイスティング

友人の美人ソムリエール忍者が持ってきてくれたワイン。
これは…美味しいですねえ。
果実味がしっかりでベリーの香りがいい。
クジラベーコンと白子焼に合わせましたがこれまたいいですね

飲んだ日:2013-05-27
飲んだ場所:ふる川
価格:8,500円
インポーター:全日空商事株式会社

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!