• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

パルティキュリエールは「特別な」という意味。

カルディでも購入できるリースリングなので、お手軽ではあります。
ちょっと甘口のリースリングが飲みたくなったらいいかもしれません。

ワインデータ

ワイン名:Riesling Réserve Particulière
生産地:France > Alsace
生産者:Dom. Henri Ehrhart (ドメーヌ・アンリ・エーラール)
品種:Riesling (リースリング)
スタイル:White Wine

ワイナリー

アルザスのワイン街道の中心にあるアマーシュヴィアにあるのは、家族の土地の歴史の源泉です。
彼らの家族は、8世代にわたってブドウ園で働いています。

この村、このテロワール、これらの道、村から村へと曲がりくねったこれらの畝が彼らのルーツです。
彼らの父アンリ・エーラールは、ここで彼の祖父から仕事を学びました。
そして、ここでアンリは子供たちにぶどうとワインの情熱を伝えました。

季節から季節へと、ブドウは進化し、不変のサイクルを続けます。
ブドウの木が夏の明るい緑から秋の黄金色のドレスを纏うまで、テロワールは生き、自分自身を表現しています。
世代から世代へ、両親と祖父母は彼らの子孫に、彼らがそこに住んでいる土地への愛を伝えます。

このテロワールはユニークな場所であり、時代を超えて保存されており、歴史が豊富です。
古代人の記憶は、ブドウ畑のモザイクを形作っている乾燥した石の壁のそれぞれ、ブドウ園に張り出したシャトーの石のそれぞれにあります。
それは毎日、ブドウの木への仕事、食卓の芸術、そして生活という芸術に現れています。
それらは最も貴重な資産、彼らの財産です。

今日、子供たちは両親、アンリ、レイモンドの足跡、彼らの祖先の遺産を共有し、野心を持って家族史の新しいページを記しているのはこの土壌です。

世界中のアルザスのテロワール愛好家の特別な瞬間にこのワインを添えてほしいと考えています。

このワインは

アルザスのブドウ品種の最愛の子である、優れたライン地方のブドウです。
定期的な生産で、アルザスの秋の後半の新鮮さに非常によく表しています。

この特性により、長期間熟成できるため、非常に強力な芳香ポテンシャルと土壌の特徴的なフィネスを維持できます。
リッチで上品で際立ったワインで、ブーケの優雅さと複雑さと、酸味のフィネスとの興味深いバランスを示しています。

テイスティング

やや甘口。
甘い果実の香り。
酸は程ほど。
辛口を飲みたかったのですが、これはこれで悪くない。

飲んだ日:2019-09-15
飲んだ場所:ビストロ・マリンクラブ
値段:1,600円(市価)
インポーター:オーバーシーズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!