飲んだワイン モンテス・ワインズ/タイタ2007 9点

最終更新日

モンテスの最上級ワインであるタイタ

当然良いブドウの時にしか作らないらしく、2007、2009、2010、2011しか今の所ないっぽいです。
幸運にもファースト・ヴィンテージを飲む機会がありました。

 

ワインデータ

ワイン名:Taita
生産地:Chile > Central Valley > Rapel Vally > Colchagua Valley
生産者:Montes Wines (モンテス・ワインズ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Carmenére (カルムネール), Syrah (シラー)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1987年に、ワインの世界で豊富な経験を持つ2人、アウレリオ・モンテスとダグラス・ムライが、当時のチリで生産されていたものよりもはるかに優れた品質のワインを生産するという夢を実現したいと思いました。
彼らは1988年にアルフレド・ヴィダウレとべドロ・グランデの2人を加え、それぞれが特別で補完的な貢献をすることで、初めにディスカバー・ワイン有限会社と呼ばれるヴィナ・モンテスを生み出しました。
4人の偉大な先見の明の夢が叶い、時を経て達成したモンテスとモンテス・アルファのワインは100以上の国に到達し、チリが生産できるワインとして世界でその並外れた品質と永続的な品質で認められ、同時に全体の注目を集めています。

努力と情熱をもって、最初のモンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンを作成したとき、名声はすぐにやってきました。
このワインすぐに成功を収め、彼らが最初から望んでいる正しい道を選んだことを示し、国際市場が望むワインでした。
このカベルネ・ソーヴィニヨンの1987年版は、チリから輸出された最初の本格的なワインで、他の作り手がすぐにモンテスがたどった道を追従しました。

その後、彼らは最愛のシャルドネ、メルローとシラーのバージョンを考えました。
初めから、モンテス・アルファが専門のワイン・ショップ、レストランそしてホテル等の要求の厳しい好みを目的としたカテゴリーで、最大の輸出品であるチリのすばらしいプレミアム・ブランドであるべきであると考えられました。

より良いワインを生み出すことへのこだわりを続けながら、モンテスはアプチャタ・バレーへの投資と山岳斜面へのブドウ畑の植え付けの先駆者であり、コルチャグアにシラーを植える最初の人物でもありました。

結果は予想以上に早くなりました。
最初の超プレミアム(またはスーパー・チリまたはアイコン)のチリのモンテス・アルファ ‘M’ 1996(古典的なボルドー・タイプ)、それに続いてカルト・ワインとなったモンテス・フォリー2000(シラー100%)そして、2005年5月に発売された最初のカルメネールのプレミアム・チリ・ワイン、パープル・エンジェル(カルメネール92%)。
このすべてが専門の報道機関と熱心な消費者によってすぐに成功に変わりました。

他のすべてのチリのワイナリーと同様に、2005年には単独で、合弁事業に頼ることなく、または外国人と相談することなく、モンテスの偉大な恩恵は、チリのボトル入りワインの5番目の輸出国になることでした。
彼らはモンテスが「100%チリ」グループで彼ら自身の「血、汗、そして涙」の非常に成功した結果であることを誇りに思います。

モンテスはチリに大きな満足を与え、客観的にも、ほとんどの新しいチリのワイナリーの「ベンチマーク」となっています。
これは、チリ・ワインを品質的に変えることを導き、チリのワイン部門への最大の貢献です。
モンテスができた時(ディスカバー・ワイン有限会社として)チリにはわずか14の輸出用ブドウ園がありましたが、今日は200以上のブドウ園があります。

彼らは世界でも有​​数のワイン商人としての貴重な顧客として、輸入業者そしてディストリビューターの間で一流のワイン市場の非常に尊敬されている貿易業者を持って幸せである。
そのため、中規模のチリのブドウ畑を考慮しても、モンテスの品質は大規模なコングロマリットだけでなく、最も権威のある小規模の商人の認識と支持を得ています。
モンテスワインがチリで最も高価であること、および主要市場がヨーロッパ、北米およびアジア太平洋地域であることを考えると、輸出の進捗はやや驚くべきものであった。

たくさんの犠牲、一生懸命の仕事、そしてたくさんの愛をこめて、彼らは世界の隅々までワインを送りたいと思いました。
すべての良いレストラン、ホテル、ワインショップで、モンテスとモンテス・アルファが最も要求の厳しいワイン愛好家に提供されることが彼らの目的です。

このワインは

タイタは濃縮された複雑なワインで、その生産は非常に限られています。
それは主にカベルネ・ソーヴィニヨンで、アウレリオ・モンテスはその品質に応じて他の品種を追加します。
構造的に調和しており、魅力的で長く複雑な仕上がりで、タイタは長い熟成の可能性を秘めており、そして15年以上にわたって敷設して貯蔵することができます。

熟成24ヶ月間、フレンチオーク樽で熟成。
デカンテーションは少なくとも1時間。
85%カベルネソーヴィニヨン、ワインメーカーの選択で15%。

テイスティング

会の始まる5時間前位には開けておきましたがそれでもまだまだ硬い。
そこからデキャンタージュしてやっと香りが。
香りはチョコやベリー。
むちゃくちゃ濃厚。
アルコールの甘味かはたまたモンテス特有の甘味なのか甘さを感じます。
余韻が長くワイルドさと繊細さを持ち合わせたワイン。

飲んだ日:2015-01-26
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2015-01-25
買った場所:エノテカ
価格:32,000円
インポーター:エノテカ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!