友人のから揚げ忍者が私の結婚記念年のワインであるシャトー・マレスコ サン・テグジュペリ1976を持ってきてくれました。


あの「星の王子様」の作者であるアントワーヌ・ド・サンテグジュペリの曾祖父が1827年に所有者となっていたことから今もワイナリーの名前になっています。
1976年のワインを飲めるなんて非常に幸せです。
ピークは過ぎていると思われますが、貴重なワインをいただきました。
シャトー・マレスコ サン・テグジュペリ1976

ワインデータ

ワイン名:Ch. Malescot St. Exupery
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc > Margaux
生産者:Ch. Malescot St. Exupery (シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイル:Red wine

シャトー・マレスコ サン・テグジュペリ1976

ワイナリー

公式HPはありますが、メールアドレスと電話番号が記載されているだけという謎仕様。

シャトー・マレスコ サン・テグジュペリはボルドーのワイン産地として長い歴史を持っています。
マルゴー・エステートがエスコス家によって所有されていたとき、すなわちマレスコ サン・テグジュペリのルーツは1616年までさかのぼることができます。
エスコスは王のための公証人として最もよく知られていました。

今世紀の終わりごろに、1697年にボルドーのワイン農園がサイモン・マレスコに売却されました。
サイモンが所有者になると、彼は当時の伝統に従って、その土地の名前をマレスコに変更しました。
前の所有者と同様に、マレスコも王族とのつながりがありました。
彼はルイ14世の法務長官でした。

ワイナリーはフランス革命までマレスコ家と共にありました。
革命後、大規模なワイナリーは3人の家族の間で分けられました。

数年間で、シャトー・マレスコのかつての堅牢なボルドーのブドウ畑は分割され、更に細分されました。
1813年、フランソワ・ブノワ・デュノグはシャトーを購入し、1825年にルイ・ピエロに再販しました。
ピエロ家はこの物件をコント サン・テグジュペリに転売しました。


メドコットのボルドー・シャトーの伝統の​​中で、マレスコの指揮に続き、彼はその土地に彼の名前も付け加えました。
このホテルは、現在シャトー・マレスコ サン・テグジュペリと呼ばれていました。
マルゴー・エステートは彼の妻の持参金のおかげで拡大し続けました。
持参物にはシャトー・ロワックとシャトー・ラコロニーが含まれていました。

彼が死んだ後、サンテグジュペリ家は借金に陥り、1853年にシャトー・マレスコ サン・テグジュペリをフォーケード氏に売却することを余儀なくされました。
その時点で、ラベルが変更され、今日のボトルに残っているラベルに新しい一行が追加されました。
「Semper Ad Altum」は「常により高い努力」という意味です。

フォーケードは、隣接するマルゴー村からより多くのブドウを追加することによってシャトー・マレスコ サン・テグジュペリのサイズを大きくしました。
彼の最も重要な買収の1つはシャトー・デュビニョンであり、それは1870年代にシャトー・マレスコ サン・テグジュペリの一部となった。

シャトー・デュビニョンは、 1855年の分類時点では第3級でもありました。
ミスター・フォーケードは1866年に亡くなりました。
シャトー・マレスコ サン・テグジュペリは所有者のグループに売却されました。
最も注目に値するのは1870年に所有したボワサックでした。
シャトー・マレスコ サン・テグジュペリ1976
今日もその土地で今も使われている古典的な様式の城を設計し建てたのはボワサックでした。
ボワサックは先見の明のある人物でした。
1870年に、彼の指揮の下で、シャトー・マレスコ サン・テグジュペリは発酵の間に重力を使う最初のボルドー・ワイナリーになりました。
それは今日の私たちにとって特別なことではないように見えますが、1870年時には、それは革命的でした。

1900年にシャトー・マレスコ サン・テグジュペリがオークションで売却されました。
第一次世界大戦中、フランス政府はシャトーを没収するよう命令しました。
ズジェール家は1955年にそれを購入。
彼らは以前シャト・マルキ・ダレームを所有していたので、ズジェール家はボルドーでのワイナリーの経験がありました。


ズジェール家への売却時には、シャトー・マレスコ サン・テグジュペリは貧弱な形にあり、たった7ヘクタールにブドウが植えられていました。
ブドウ畑の大規模な植え替えが行われ、10年以内にブドウ畑の80%が植えかえられました。

1994年に引き継いだジャン・リュック・ズジェールが率いるズジェール家は、今日もシャトー・マレスコ サン・テグジュペリを所有、管理しています。
ミッシェル・ロランがコンサルタントです。

シャトー・マレスコ サン・テグジュペリ1976

テイスティング

1976年産でリコルクされていない貴重なワイン。
ナンバリングは0002で何となく貴重さが増します。
ベリー、ハーブの香り。
年老いてタンニンは非常に滑らか。
落ち着いた味わい。
美味しい美味しくない以前にいい体験をさせてもらいました。

飲んだ日:2017-09-30
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム
買った日:2017-09
買った場所:年号ワイン.com
価格:12,000円
インポーター:ジャパンインポートシステム