エノテカがメインで輸入しているルシアン・ル・モワンヌ

ブドウをプレスした後のジュースを試飲し、毎年どのブドウを購入するかを決めています。
どのワインも非常に高価ですが、外れが少ないともいえます。

ワイン名:Chassagne Montrachet 1er Cru La Romanée シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ ラ・ロマネ
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Chassagne Montrachet
生産者:Lucien Le Moine (ルシアン・ル・モワンヌ)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White wine

ワイナリー
ルシアン・ル・モワンヌは、ボーヌのグランクリュを扱う小さな家です。

1999年に設立され、二人で事業を行っており、彼らはこう言っています「ピノ・ノワールとシャルドネを出会ったのでここにいます。ラ・コートドールとそこのワイン、ブルゴーニュの人々と友人が居るのでここに住んでいます。」
ルシアン・ル・モワンヌは、ブルゴーニュの季節を感じ、彼らが選んだ美しい場所に深く根を張っています。

ムーニールはトラピスト修道院で学び、そこで働きシャルドネとピノ・ノワールと出会いました。
モンペリエのENSAM校にてブドウ栽培と醸造学を学び、その後、約6年間にわたりフランスおよびカリフォルニアで、栽培と醸造の仕事に従事し、古くから伝わる伝統的な栽培、醸造、熟成に大いに興味を持ち、刺激を受けました。
ある日、彼は彼が見て、経験した全てを思い切った方向に決めて、彼の妻ロテムと共にワインの純粋さと特異性について熟慮できる小さいセラーを作成しました。

ロテムはチーズの生産をしている家の出身です。
彼女はイスラエル工科大学とディジョンのENESAD校で栽培について学び、彼女の研究をワインに適合させました。
彼女はブルゴーニュとカリフォルニアの多くの収穫に参加し、コート・ドールに関する研究でフランス農業アカデミーから国家賞を受賞しました。
彼女は1999年にムーニールの事業に加わり、一緒にルシアン・ル・モワンヌを始めました。

ブルゴーニュで数年間学び、住み、働き、多くの良きブルゴーニュ生産者と出会いました。
彼らはクリュの選択された産生との関係と彼らの献身を高品質へと押し上げることに決めました。

ルシアン・ル・モワンヌは、コート・ドールからグラン・クリュとプルミエ・クリュのみを生産しています。
各村で最も美しいクリュを持っているように努力しており、毎年彼らの選択を更新しています。
それは彼らが、2002年に47樽、2004年に72樽、2003年に67樽を扱った理由で、彼らが知っている唯一の事は、彼らは100樽(3万ボトル)以上のものを生産することは決してないだろうということ、これは彼らのセラーのサイズであり「手で」「自分で」できることの限界だからです。

彼らは小さなサイズを選び、あらゆることを可能にしています。

このワインは
「ラ・ロマネ」は、
ローマ人によって耕されていたために、「ラ・ロマネ」と名付けられたと言われている区画。
シャサーニュ・モンラッシェ村の中でも南の斜面上部(標高280m)に位置。
僅か2haという狭い区画のワイン。

テイスティング
モンラッシェ一族(?)っぽい濃厚さと蜂蜜っぽい香り。
香りが非常に良いのでグラス選別をしっかりしたい。
色合いは濃くないが、パワーがある。

飲んだ日:2016-04-02
飲んだ場所:エノテカ・ミレ
買った日:2016-04-02
買った場所:エノテカ・ミレ
価格:16,000円
インポーター:エノテカ