クラロ はイオンリカーでイチオシの商品のようです。

イオンのマスターソムリエ高野豊氏が監修するオススメ白ワインセットに大抵入っています。
1,000円以下で気軽に飲めるのが特徴。

クラロ ソーヴィニヨン・ブラン

Viña Luis Felipe Edwards (VLFE)/Claro Sauvignon Blanc2017

ワイン名:Claro Sauvignon Blanc クラロ ソーヴィニヨン・ブラン
生産地:Chile > Central Valley
生産者:Viña Luis Felipe Edwards (VLFE) ルイス・フェリペ・エドワ-ズ
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
スタイル:白ワイン

クラロ ソーヴィニヨン・ブラン
ワイナリー
ヴィニヤ・ルイス・フェリペ・エドワーズ(VLFE)の歴史は、1976年にルイス・フェリペ・エドワーズがチリの最高のブドウ栽培地域であるコルチャグア渓谷にあるプノ・サン・ホセ・ド・プキユライ・エステートを購入したときから始まりました。
ヴィンヤードは、小さなサンフェルナンドの尾根によって雪で覆われた壮大なアンデスから離れた馬蹄型の谷に囲まれています。
当時、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、カルメネール、メルロで構成された20世紀初頭からの60ヘクタールのブドウが植えられていました。
90年代初頭、ルイス・フェリペは自分の名前でワインを製造することに決め、最先端の技術を備えた現代のワイナリーを建設しました。
ルイス・フェリペ・エドワーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン1994の最初のヴィンテージは、1995年後半に国際市場で発売され、今日までVLFEワインの品質レベルを証明しています。
ヴィニヤ・ルイス・フェリペ・エドワーズは、以来、1850ヘクタールのブドウ畑を持つチリの100%家族経営のワイン会社として成長し、100カ国以上に輸出されています。
品質と伝統的な家族の価値と同義のブランドを維持するために、2世代が積極的に関わっています。 (HP)

テイスティング
薄い黄金色
柑橘系、レモングラスの香り。
酸は程々。

ライトな爽やかソーヴィニヨン・ブランで、よく冷やして飲みたい

飲んだ日:2018-04-28
飲んだ場所:忍者屋敷
買った場所:イオンリカー
価格:900円
インポーター:髙野総本店