飲んだワイン コノ・スル/シレンシオ カベルネ・ソーヴィニヨン2012 7点

最終更新日

以前にファーストヴィンテージを購入して、美味しかったのでまた購入。

…今回はあまり…

 

ワインデータ

ワイン名:Silencio Cabernet Sauvignon
生産地:Chile > Central Valley > Maipo Valley
生産者:Cono Sur (コノ・スル)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Carmenére (カルメネール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1993年設立初年度、30,000ケースを輸出。
1996年チンバロンゴのサンタ・エリサ葡萄園を購入。
300ha、平均樹齢は25年。
1997年チリで初めてヴィオニエを植樹。
1998総合防除を実施。
1999年ワールドクラスのワインを造ることを目指し、「ピノ・ノワール プロジェクト」を開始。
2000年サンタ・エリサ葡萄園の40haの畑で、オーガニック農法のプログラムを開始。

2001年競争の厳しいイギリス市場で最も売れたチリワインになる。
2002年南米のワイナリーで初めてISO認証9001(品質)と14001(環境)を取得。
2003年、「オシオ」ピノ・ノワール発売。
コノスル初のウルトラプレミアムワインであり、チリ初のウルトラプレミアム・ピノ・ノワール。
またこの年、オーガニック認証を受けた葡萄を初めて収穫。
2004年設立から10年、チリ産ワインの輸出において、金額ベースで4位、数量ベースで3位になる。
2005年コルチャグア・ヴァレーにある187haの葡萄畑、ペラリージョのロス・ロマス葡萄園と、レイダに近い130haの葡萄畑、サン・アントニオ・ヴァレーのカンポ・リンド葡萄園を購入。
プレミアムワインの生産用。
2006年チンバロンゴのサンタ・エリサ葡萄園にある19世紀建設のマナー・ハウスを全面改修。
ロス・ロマス葡萄園、カンポ・リンド葡萄園に植樹。
2007年製品輸送時に排出した二酸化炭素を相殺する「カーボン・ニュートラル・デリバリー・ステータス」を、ワイナリーとして世界で初めて取得。
チリ産の瓶詰ワインの輸出において、金額ベースで2位になる。
2008年ワインの最大生産能力が390万リットルに拡大。
プレミアム・ピノ・ノワールの為に特別にデザインされたワイナリーを建設。
生産能力は39万6000リットル、13万リットルを熟成用に収容可能。
新しいオフィスと研究所を建設。
2009年サステナブル開発分野を新設。
エントリーレベルのワインに軽量ボトルの使用を開始。
二酸化炭素排出量を詳細に計算し、製造工程において排出する温室効果ガスの排出量を獲得。
ISO14064認証の取得を申請。

2010年アコンカグア・ヴァレーにある100haの葡萄畑、サン・フェリペのハウエルにあるエル・エンカント葡萄園を購入。
北南米初、世界で3番目に、CEMARSを通じてISO14064認証を取得。
環境配慮におけるリーダーに名乗りをあげる。
2012年BSCIの行動規の全ての要件に準拠した、南米で最初のワイナリーとなる。
2013年イギリスの専門誌「ドリンクスインターナショナル」で、世界で最も称賛されるワインブランドの18位にランクイン。
2014年ツールドフランス2014の、イギリスで開催された3つのオープニングステージにおいて、単独のワインスポンサーになる。
イギリスの専門誌「ドリンクスインターナショナル」の世界で最も称賛されるワインブランドで2つ順位を上げ、16位にランクイン。

このワインは

コノスルの新たなアイコンワイン、シレンシオ。
言葉を失う程のクオリティを持つ、驚くべきカベルネ・ソーヴィニヨンです。

シレンシオは、チーフワインメーカーのアドルフォと同僚のマティアスの「ニューワールドで最高のワインを造る」という夢から生まれたワインです。
栽培地域、品種、樽の種類、熟成期間など、初ヴィンテージの2010年までに5年を費やして試行錯誤し、シレンシオは誕生しました。

銘醸地マイポ・ヴァレーの中でも、チリ最高峰のカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すアルト・マイポ地区の葡萄を使用。
最良のキュヴェを選別してフレンチオーク樽でじっくりと熟成させ、45樽の原酒を9樽にまで厳選。瓶詰め後、セラーの中でさらに深みが増すまで寝かせました。
生産量はわずか2,400本程度です。

ワインに静かに耳を傾け、表現豊かな香りを探り、上品でエレガントな味わいをご堪能下さい。
コノスルのアイコンワインである理由が、ご理解いただけることでしょう。

比べるものの無い、唯一無二のワインです。

テイスティング

濃い紫がかったルビー色。
ファーストヴィンテージに比べると青さは少なめで酸を感じさせるバルサミコ感。
樽の香りも。
味わいにも酸が感じられる。
チリと言われるとチリっぽい気もしますが、言われないと惑わされるかも。

飲んだ日:2023-08-17
飲んだ場所:ブラッスリーレカン
価格:15,000円
インポーター:スマイル

wineninja

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!