東京でワインが持ち込めるお店BYO ブラッスリー・レカン 上野/フレンチ 9点

10年ぶり位に訪問したお店。

前回は感動も何も特にありませんでしたが、今回は色々と良かった。

 

カフェバーもお店の前にあります。

メニュー

ソムリエが変わったか何かで現在BYO(ワインの持ち込み)が1人1本0円という上野駅直結の店舗にしては太っ腹過ぎる状況。
夜のコース料理は6,800円と9,500円ですが、持ち込み料が0円となると浮いた価格の分、当然9,500円のコースに食指が伸びます。

グラス貸出は1脚/客になりますので、赤白飲む場合は次に飲むワインですすぐリンスの必要性が生じます。
グラスは水用がシュトルツル・ラウジッツでワイン用が木村硝子でした。

内観

9,500円コースはメインの肉料理がフィレ肉とホホ肉から選べましたので、ホホ肉をチョイス。

始まりの前菜


牛肉タルタルとガスパチョ(冷製スープ)、カナッペ(フランスパンに具材を載せたもの)、グジェール(一口シュークリームみたいなもの)、塩カヌレ。
カヌレはお菓子仕様ではなく、中身に少し肉や野菜が入っているような旨味のあるワインに合う仕様。

天使の海老とヒラメのカルパッチョ 貝出汁とキャビアのスープ


パラダイス・プロンというニューカレドニア産の「天使の海老」はよく焼かれたものが出てきますが、生食は初めてかもしれません。
キャビアがしっかりと含有されており、スープを全部飲み干したくなります。

アマダイのうろこ焼き ガザミのスープドポアソンとズワイガニ


ガザミはワタリガニですが…ズワイガニも使った実はカニ尽くしな料理。
カニカニスープの下にリゾットが少し潜んでおり、魚介の旨味を吸ってかなり美味しいです。

ここで腹減りまくりなメンツがブイヤベースをアラカルトでオーダー。


魚介の旨味たっぷりで、赤ワインにも合います。

黒毛和牛の赤ワイン煮込み


これは結構重めで、脂しっかりでした。
とは言え、フィレ肉の方もフォアグラ載せなので重めだった様子。

自家製 トリフ香るアイス


トリフ感しっかりな濃厚アイスです。
〆シャンに合いました。

ババオラムとパイナップルのロースト


ブリオッシュ生地にラム酒をたっぷり染み込ませたデザートであるババオラム(=サバラン)はお腹一杯過ぎて少ししか食せず。

サービスに入っていただいた若い女性スタッフEさんが非常に優秀で、サービス次第で非常に快適に過ごせることを再度痛感。

このお店は

ブラッスリー・レカン

個室:無 20-50名貸切可
グラス:シュトルツル・ラウジッツ、木村硝子
持ち込み料:0円/本
予算:10,000円
オススメ度:9点

関連ランキング:フレンチ | 上野駅京成上野駅稲荷町駅

wineninja

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!