大阪でワインが持ち込めるお店BYO 堺筋倶楽部 L’HISTOIRE(リストワール) 長堀橋、堺筋本町/フレンチ 9点

最終更新日

元は銀行でしたが、戦災を免れたその歴史的建造物を流用しているリストワール

銀行でしたので元金庫を使った個室などがあり、非日常を楽しめるお店になっています。
同じ建物の1階に同系列のイタリアンもあるので予約の際は注意が必要です。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)


お店は重厚な造りの建物。
中之島では基本の石造りの歴史的建物。
個室がある階へあがる階段でさえも歴史を感じさせます。
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)

店内は交換室や金庫室など個室を銀行から流用してそのまま使用しており、個室に通されるだけでもかなりわくわくします。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
映画などでよく見るグルグル取っ手の扉
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
扉が分厚く雰囲気があります

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)

部屋の中は結構小ぢんまりとしており、アメリカ映画などの金庫を想像してはいけません。
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)

調度品などに高級感があり、接待などには最適な個室だと思います。
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
壁も扉も厚いので、悪い話をするには最適ですね。
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)

この時はは8,000円のコースにしましたが、現在は料金改定がなされており7,000円か10,000円のコースがメインの様です。
料理は課金でグレードアップもあり、特にメインコースは色々選ぶと結構いい値段になってしまいます。

今回私はスタンダードな無課金コースにしました。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
ワインは3本。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)

アミューズはマグロ。
キューブ型のマグロは新鮮でしっかり角が立っている。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
前菜その1はカイエット…だったと思います。
浅学ですので名前等が違っていたらご教授お願い致します。
豚の肉と内臓を混ぜて網脂で包んで焼き上げる料理ですが、上品な味わいに仕上がっています。
脂を感じさせません。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール) 堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
前菜その2はオマールエビ。
爪の部分の身も含まれており、子供な私は嬉しい限り。
何となく爪の部分はテンションが上がります。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
スープはその時の仕入れの野菜により幾つかあるようです。
堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
友人の外人忍者は私とは違うスープをオーダーしておりました。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
箸休め(洋食ですが)にシャーベットを。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
国産牛のローストがメイン。
外人忍者はお金持ちなので課金して良い部位の肉を食しておりましたが、私は貧乏なのであくまで無課金。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
デザート前にチーズはどうかといういつもの提案がありましたので、折角ですので何種類かオーダー。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
デザートはチョコ&アイスという鉄壁の組み合わせ。
バニラビーンズもしっかり含有しており、細かいところでも手を抜いていないのが素晴らしい。

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
アルコール40度のリキュールがデザートに合うのでどうかという提案をいただき、即答で飲む事に。
ラポストール社150周年記念ボトルのオレンジキュラソー。

グラン マルニエ コルドン ルージュ (グラン マニエ) 700ml

堺筋倶楽部 L'HISTOIRE(リストワール)
フィニッシュに紅茶をいただきながら茶菓子を。

スタッフのサービスはかなり良いですが、ソムリエの方の声がやや小さく感じました。
スタッフは料理の事もワインの事もしっかり学ばれていますので、質問にも素早い回答をいただけます。

その分値段に載っているのかもですが、料理はワインに合わせてマイナーチェンジしてくれたりと嬉しいサービスが多い。

お腹いっぱい食べて3時間半。
満足いたしました。
1人17,000円くらいです。

 

お店はこちら

堺筋倶楽部 リストワール

個室:あり 個室料なし
グラス:確認しておりませんでしたが、薄手の良いグラスです
持ち込み料:3,000円/本
予算:17,000円
オススメ度:9点

関連ランキング:フレンチ | 長堀橋駅堺筋本町駅松屋町駅

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!