東京でワインが持ち込めるお店BYO モズ 六本木/ビストロ 7点

最終更新日

友人忍者の誕生会で六本木のビストロMOZUにワインを持ち込んでみました。

なんと持ち込み料は500円と格安。
六本木…ワイン持ち込みでは侮れません。

外観

Carne=肉

お店は大江戸線以外の六本木駅からちょっと遠い場所にありますが、19時を超える辺りから一気に満席になるくらいの人気店。
あの山口メンバーで有名になった六本木マジェスタワーの近くです。

内観

店内奥の席でしたが、若干下水系の香りが…水回りが良くないのかもしれません。
とはいえ微々たるものなので鼻は慣れます。
早く治していただけるといいですね。

店内はカウンターとテーブル席。
テーブル幅は50㎝とそれほど広くない。

メニュー

今回はリッチモズコース4,980円

乾杯のドリンク
【APPETIZER】おまかせ前菜3種
<メニュー例>
・燻製サーモンとクリームチーズのキャンディテリーヌ
・ビーツと林檎のマリネ
・オレンジ香るキャロットラペ
・ベーコンとほうれん草のキッシュ
・海老のディアボロ

【SALAD】
・彩り野菜のガーデンサラダ
-黒トリュフのドレッシング-

【SUFFLE】
お好きなスフレをグループで1品セレクト
・雲丹とポルチーニのスフレ -バルサミコソース-

【CARNE MIST】下記の一例よりその日のおすすめ3種
カルネミスト -お肉3種盛り合わせ-(※お肉の追加は1種1000円)
・A3等級和牛のイチボ -赤ワイン塩と山葵-
・牛ハラミのコンフィ -赤ワインベースのステーキソース-
・鴨胸肉のロースト -ロックフォールソース-

【RICE】
RICE:ポルチーニ、トリュフ、パルメジャーノチーズの「キノコご飯」

【DESSERT】
本日のデザート

乾杯のドリンク

既に試飲会で散々ワインを飲んできましたのでここはビールで。

おまかせ前菜3種

海老のディアボロが非常に辛く、一気に食欲を増してきます。
燻製サーモンとクリームチーズのキャンディテリーヌは白ワインとの相性が非常に良かった。

彩り野菜のガーデンサラダ

これはどのお店でもいつもの様に普通のサラダで特に感動は無かったかな。

雲丹とポルチーニのスフレ -バルサミコソース-

店内に入った時からスフレを作るための電動泡立て器的な音がずっと鳴り響いておりましたが、これはその労力を反映する味わい。
プルプルでフワフワ。
ウニとポルチーニを合体させたら美味しいに決まっています。

お肉3種盛り合わせ

それぞれ1人前ずつ皿に盛って来てくれます。
3種類とも真空低温調理で火入れが素晴らしく、ワインとの相性が非常に良い。

ポルチーニ、トリュフ、パルメジャーノチーズの「キノコご飯」

スフレとちょっと被った感はありますが、1回の食事でうまみ成分の強いものを色々食せるなんて幸せ。
当然美味しい。

本日のデザート

これは1,500円でバースデープレートを用意していただけます。
コースの場合は1,000円で用意していただけました。

スタッフの対応は良く、持ち込み料が安い。


残念ながらブルゴーニュ・グラスは無し。

このお店は

MOZU

個室:無し 20~50名貸切可
グラス:G&Co
持ち込み料:500円/本
予算:7,000円
オススメ度:7点

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!