• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

名古屋の有名なブルワリーです。

モルト感のある香りのビールで、苦みが少なく飲みやすい。
ですが、海外の尖ったビールを飲み過ぎていたのでもっと刺激が欲しいのも確か。

 

ビアデータ

ビール名:ALT
生産地:日本 愛知県犬山市羽黒新田字高見1-4
生産者:MORITA KINSHACHI BEER
アルコール:5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:アルト
価格:396円

ブルワリー

私たち盛田金しゃちビールは、大手ビールにはない品質、特徴のあるビール造りを目指し、平成8年(1996年)の当時の政府の規制緩和の折に創業したクラフトビールメーカーです。
しかし、その歴史は日本にビールが広まり始めた明治十年代後半にまで遡ることが出来ます。

先代が明治十七年に中部圏初の試醸造に成功
文明開花間もない明治十七年から十八年頃、盛田家十一代久左衛門、命棋翁が時代に先駆けて中部圏で初めてビールの試醸に成功し、「三ツ星ビール」と冠しました。これらの事実により、一過性で出来上がった「地ビール」というものではなく、お客様に喜ばれる高品質なビールを醸造するという、いわば100年の夢を受け継いだ事業です。
日本のビール文化を創造するという想いを胸に私たち盛田金しゃちビールは、ビールスタイルを守りながら、日本の風土/食文化や日本の人の味覚に合った味わいを提供し、日本のビール文化を創造するという想いを「金しゃちビールに織り込んでいます。
この想いと厳選された原料、木曽川水系の地下水を使用し、厳しい品質管理のもとに醸造されたビールは、喉の渇きをいやすだけでなく、香り、味、色をじっくりと味わう骨のあるものに仕上がっています。

このビールは

このビールは金しゃちビールで1番最初に醸造されたビールで、今年で25年目となります。
アルトは、「ALT」と表記し、英語のオールド=OLDと同じ意味があります。
これは古い製法、すなわちエールビールの製法(上面醗酵)で造ることを意味しています。
ドイツのデュッセルドルフ発祥で、デュッセルドルフスタイル・アルトビールというスタイルに属します。
このスタイルの特徴は、外観は茶~赤褐色、苦味は高低あり、味わいもモルティーなものから
幾分ライトなものまで様々です。
飲み口はしっかりしているけれども、後味は水々しくなくてはならないとされています。

金しゃちビールのアルトは、ルビー色の外観、ロースト麦芽の程よいコクまろやかな風味が自慢です。
みずみずしさを生かして飲み飽きしないビールに仕上がっています。

テイスティング

黄金色。
モルトの香り優勢。
コクがある味わい。
苦味は少ない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!