ビール クルー リパブリック/イージー

ドイツでは1516年に発布された「ビール純粋令」により、水、麦芽、ホップ、酵母以外を使ったものは「ビール」とみなされませんが、ドイツ・スタイル以外のビールを醸造してドイツの若者に人気を博しているという全く新しい形のドイツビール醸造所。

確かにドイツのIPAとかスチーム・ブリューのくらいしか飲んだことがありませんでした。

ビールデータ

ビール名:EASY
生産地:ドイツ ミュンヘン
生産者:CREW REPUBLIC
アルコール:4.9%
IBU(苦さ 平均15~20):22
モルト:Pilsener, Münchner, Karamellmalz
ホップ:Tradition, Citra, Comet
タイプ:ゴールデンサマーエール
価格:700円/パイント
インポーター:株式会社KOBATSUトレーディング

ブルワリー

2011年、マリオとティムは仕事を辞め、ミュンヘンのグロッケンバッハ・フィエルテルにあるアパートの裏庭に最初の自家醸造施設を設立しました。
彼らは自分たちのビールを夢見るために、スーツとネクタイをダンガリーシャツ(木綿の丈夫な青シャツ)とゴム長靴に交換しました。
彼らの目標は、退屈なドイツビールの世界に革命をもたらす創造的でエキサイティングなビールです。
人々は彼らをクレイジーだと言いました。
しかし、何ヶ月にもわたってレシピを微調整し、数え切れないほどのテイスティングを行った後、ついにその時が来ました。
醸造所の最初のビールである今日の「ファウンデーション11・ジャーマンペールエール」は成功しました。
彼らの唯一の目標は淹れたてのクラフトビールの最初のボトルでミュンヘンのビールを飲む人の心を征服することでした。
醸造所のファン層は着実に成長しました。

2012年には「ドランクンセイラーIPA」、次に「ラウンドハウスキック・インペリアルスタウト」、「7:45エスカレーション・ダブルIPA」が続きました。
しかし、新しい問題が起こります。
生産ビールが少なすぎて、顧客への販売が先送りになってしまいます。
彼らは自分たちの醸造所を必要としていました。
2年間の計画で、夢は実現する可能性があります。
醸造所は、2015年5月からミュンヘン北部に移動しました。
2017年の夏から、独自のクラフトビア・ガーデンとタップ・ルームも完備しました。

クルー・リパブリックは、並外れた味わいの正直で職人技のあるビールの略です。
マリオとティムは常に新しいレシピと世界で最高の原材料を探しています。
彼らの使命は「醸造の素晴らしさを伝える」です。
彼らのモットーは「クラフトビールは犯罪ではありません!」です。

このビールは

イザール川でのバーベキュー、友達とのリラックス、山での日光浴。
これがあなたの人生であり、私たちのビールはイージーです!
妥協のないホップとモルト。
このビールは世界で最も美しい場所でのあなたの最高の時間への私たちの約束事です!

テイスティング

薄薄濁り黄金色。
華やかな花っぽい香り。
味わいも華やか。
香水系の香りが口腔内に広がる。
モルトの味わいが後に残る。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!